海外移住する方法を3ステップに分けて解説してみた




海外に移住する方法というのは意外にシンプルなものの、
情報が足りていない部分もある。

そこで、ざっくりと3つのステップに分けてみた。


ステップ1:情報収集・移住先決定



まずはどこに住むかが決まらなければ話が始まらない。

さすがに海外ならどこでもいいわけではないだろうし。


希望の国がある場合には、
現実的な観点から調べることも必要。

たとえばビザが取れないのでは住めないし、
ビザを取る方法があっても自分の望むものと違う可能性もある。

たとえば、オーストラリアやニュージーランドでは
数千万以上の資産を要求されるのが一般的。

ただし、現地で就労するという方法もある。


その場合にはこれまでの職歴等も考慮されるので、
自由に働けるわけではない。

現地の人の雇用を奪う正当性が求められる。


そうなると、仮にオーストラリアに海外移住しようとしても、
やりたくない仕事に就くとか
ビザを取るには不本意な方法しかないかもしれない。

そもそも方法自体が見つからないこともある。


特に先進国ではそれなりに資産の条件も厳しいので
日本で中流階級レベルでは
移住できないことの方が多い。


こうした現実的なレベルの話も踏まえ、
住むことができて住みたい国を見つけるのが第一段階。

特にビザの問題は大きな壁になることが多いので、
その点はしっかり調べておく必要がある。



ステップ2:日本国内での準備



まずは仕事の問題等を解消すること。

これができずに海外移住ができない人も多いが、
海外で収入を得る方法を語り始めるといつまでも終わらないので、
この記事では割愛する。


日本側での手続きとしては、
市役所に行って海外移転の旨を告げれば
手続きの方法を教えてくれる。

住民票を抜いたり、健康保険を返したりすることになる。



あとは日本側の住居の処分であったり、
郵便物を受け取ってもらえる家族や友人を見つけ、
依頼をしておくといったことがある。

一応荷物を受け取るための場所は持っておいた方が便利なので。



あとは海外移住の際に持っていく荷物の準備だが、
海外旅行の時を基準にして考えればいい。

特に行き先の国が家具や家電付きで賃貸できる文化なら
そこまで荷物は多くはならないはず。

意外にシンプルに収まるので、
私は手荷物だけで移住してしまった。


いざとなれば向こうの国で買うという方法もあるので、
必要な持ち物なんてほとんどない。



ステップ3:いざ移住



飛行機に乗って相手の国に行き、住む部屋を探す。

部屋探しの方法は国によって違いがあり、
日本のように目立つ位置に不動産屋が店をかまえ、
そこに行けばいい場合もある。

フィリピンやマレーシアのように街中に不動産屋は見当たらず、
ネットで探して連絡を取る必要がある国もある。

頼れる知り合いがいるのなら、
そうした人に紹介してもらうのも手。



国によって必要な資金も違ってきて、
フィリピンでは1年分一括払いが通常だし、
マレーシアでは前払家賃は1ヶ月分だけ。

このへんは海外でも国次第で制度がまちまち。

この点も事前に調べておくとスムーズに進む。





海外移住をする方法というのは、
シンプルにすればこれだけのこと。

後は必要に応じて下見をしてみるとか、
そういう手順がプラスアルファで付け加えられるだけ。


仕事の折り合いや子供の教育の問題がないのであれば、
国内で引っ越すのと大して変わらないかもしれない。

そのあたりは個々の状況によって変わってくるので、
自分の状況に合わせてアレンジしてもらえればと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ