リスボンは土産選びが楽しい町




リスボンの中心部のロシオ広場であるとか、その周辺では土産物屋というのが非常に多くある。

こういったところにふと入ってみると、かなり商品のバリエーションというのが豊富で、こういったところは同じヨーロッパでもアイルランド等と比べると、かなり魅力的に映った。

特に目を引くのは、ポルトガル名物のアズレージョと呼ばれるタイル。

これはわざわざ博物館があるぐらい、ポルトガルにおいては伝統的で、独自の文化ということになっている。

小さなタイルであるとか、あるいは鶏の陶器の置物であるとか、こういったものは様々あるし、アイルランドのように服であるとか、Tシャツばかりが売られているわけではないので、お土産を選ぶということに関して言うと、かなり楽しい町の部類に入るのではないかと思う。

色々な国を回ってきたが、独自の特産物であるとか、特徴的なものがなくて、モーツアルトチョコレートのように、とりあえずチョコレートに逃げるとか、あるいはどこの国でも名産品と呼ばれるような、ヨーロッパであればどこの国であっても、名産品と呼ばれるようなワインであるとか、こういったものを買っていくぐらいしか選択肢のない国があるのに対して、ポルトガルはかさばらないものの中でも色々と選択肢があって、持ち帰って渡すのもかなり楽しみの1つだと思った。

といっても、置物関係というのは、途中でうっかり割れてしまったりとか、そういったこともあるので、その点は要注意。

特に飛行機で、手荷物ではなくて、預ける側の荷物にやってしまうと、非常に手荒く扱われてしまうので、この点は注意が必要な点ということになる。

エアアジアにおいて、2階ぐらいの高さからスーツケースを落として、移動の手間を省いているという映像が流れて、世界に衝撃が走ったこともあるが、LCCというのはどこも同じようなことをやったいるし、むしろナショナルエアラインであるからといって、そういったことが丁寧に行われているかというと、その点もかなり疑問がある。

実際、航空会社の関係者から聞いた話によると、たとえ日本のJALやANAのような航空会社であっても、スーツケースを丁寧に運んでいるとは思わない方がいいという話だったので、割れ物に関しては手荷物で持って行った方が無難ということになる。

しかしながら、ヨーロッパ内のLCCを使って、EU内を移動するような場合、どうしても手荷物の大きさというのが限られているし、早い段階でお土産を買ってしまうと、その点が問題になる。

結局手荷物に入らなかった分として、預け入れをしなくてはならなくなり、その間に壊れてしまって渡すことができなくなる。

という悲劇も起こり得るので、複数の国を回る場合は、こういったところがかなりネックとなる。

実際私も以前に、ヨーロッパを旅行した時には、途中で魅力的なお土産があったとしても、最後まで買わず、全てギリシャで済ませるということになった。

ということは逆に言うと、途中で通り過ぎた10ヶ国ぐらいは土産物屋を見ることはあっても、そこでは最初から買わないという前提になっていたことになる。

こうして考えてみると、日本に直送してくれるサービスがある土産物屋というのは、それだけでもかなりのメリットなのではないかと感じる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ