電子書籍プレゼント

ポルトガルは観光地を回りながらのんびり暮らすことにした



ポルトガルに関して言うと、リスボンを起点としてポルトまで縦断することにしたが、途中でオビドスとナザレという観光地にも立ち寄ることにした。

特にそれぞれの場所で目的があるわけではなく、名物料理のカルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナやサルディーニャス・アサーダス等を楽しみつつ、のんびりと暮らすことが主眼に置かれている。

実際、これからリスボンを離れて、オビドスにバスで移動すところだが、リスボンでもガンガン観光をしていたわけでもなく、むしろホテル暮らしを中心にして、毎日仕事がメインになっていた。

ポルトガルで生活するような感じで、日々を過ごしてみるのも、今後の移住の可能性を探る上で悪くない。

当初ヨーロッパではそれほど仕事をする予定はなかったものの、リスボンの暑さを考えると、丸一日外を出歩くのもかなり厳しく、本を読むか、もしくは仕事をするか、という2択になっていたので、このような過ごし方になった。


オビドスに行く際に少し面倒だったこと

オビドス行きのバスがかなりわかりづらく、カンポグランデ駅を出ると、すぐ目の前にバスターミナルがあって、その向こう側にはカンポグランデという競技場がある。

ここまではよかったが、まずバス乗り場のバスのチケットの売り場の位置がよくわからない。

目立たないところにあるので、どこなのかよくわからずブラブラしていて、ようやくそれらしきものを発見したと思ったら、3か所チケット売り場が開いていたのに対して、1か所は誰もいない。

そして残りの2か所でオビドス行きのチケットを買いたい旨を伝えると、その誰もいない無人の売場を指指す。

そこで10分ほど待っていたら人が来たが、特に詫びる様子もなく、淡々と仕事を始めるだけ。

これが標準的なポルトガル人の性格なり、働き方なのだろうか?

これまでにも何人か私と同じようにその売り場に来ていた人もいたが、その半数以上はすでに立ち去っていた。

オビドス行きのチケットを要求すると、バスの中で買えると言われてしまい、結局何のために待っていたのかわからなかった。

後から判明したことだが、私が到着したのが1時ギリギリで、ちょうどこのタイミングでバスがあったので、最初からバスを発見してそこに向かっていれば、それに乗ることができた模様。

結局次の2時発の便を待たなければいけないので、1時間丸々無駄にすることになってしまった。

オビドスまではリスボンから1時間ほどなので、1時発のバスに乗ることができていれば、2時にはすでに到着していたことになる。

そう考えると、手持無沙汰でカンポグランデ駅に戻り、そこのカフェで時間を潰しているよりは、ちょっと急ぎ目にバスに飛び乗った方がよかったと思ったりもする。

とはいえ、オビドスも特に何か見たいものがあるというわけでもないし、調べてみても、イマイチ見所がよくわからない。

町全体が見所といった雰囲気も漂っているが、それはナザレでも同じこと。

オビドスの場合は、真珠のような町とか、ナザレだと伝統的な漁師町、という事が言われているが、それ以上の情報は行ってみないと不明。

最終的な目的地であるポルトも、リスボンに続いてポルトガル第2の都市であるということぐらいしか知らないし、ひとまずはそこを目指しはするものの、特に目的があるわけでもない。

ポルトからはマドリッドに移動することになっているが、鉄道で移動しようと思うと、どうやらポルトから直で行くことはできず、コインブラを経由することがわかった。

このコインブラは古くからの大学都市として知られている場所で、ひとまずこちらにも泊まることになるのではないかと思う。

そんな風にだらだらとしながら、マドリッドまでの移動を楽しむ予定でいる。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ