クリスマスと新年に対するマレーシアの姿勢




今現在、クアラルンプールにやってきている。

マレーシアでクリスマスや新年を迎えるのは3回目だが、ジョホールバルとクアラルンプールでは、まただいぶ雰囲気が違うということを改めて感じている。

私がこちらへ移動してきたのは12月で、その段階ではすでに町中にメリークリスマスとか、ハッピーニューイヤーとか、そういった文字が並んでいた。

とはいえ、ここはイスラムの国なので、宗教的な意味合いというよりは、商業的なニュアンスが強くて、実際問題としてそういった飾り付けがされているのは、ほとんどがショッピングモールとか、あるいは一部のレストランということになる。

ジョホールバルの場合であれば、そもそも大きなショッピングモールがほとんどなかったので、クリスマスらしさということを感じることは少なく、せいぜい家庭用のツリーではないかと思うような、小規模なものが一部のレストランに置かれているぐらいで、かえって虚しい感じすらあった。

それに比べて、クアラルンプールの場合は、KLセントラル駅の隣にできた、NUショッピングモールであるとか、あるいはブキビンタンにある、パビリオンやスンゲーワン、LOT10など様々なショッピングモールがクリスマスの雰囲気を醸し出しているし、更に言うと、ブキビンタン通りは、一部のブティックとか、あるいはホテルの前にツリーが飾られていたりするので、意外にもクリスマスの雰囲気が強いということを感じた。

そしてこの装飾がいつ頃片付けられるのかと思って見ているが、今現在、まだ年が明けて1月3日の段階ではクリスマス前と状況がまるで変わっていない。

こういったことというのは、フィリピンだとより長い期間に渡って放置されていたので、特に驚くことではないが、フィリピンの場合は、そもそも9月のうちからクリスマスの装飾が始まるという特殊な状況がある。

これは、フィリピンというのは、基本的にカトリックの国であって、尚且つお祭り好きな国民性というのがあるので、1年のうちのかなりの部分、だいたい4ヶ月ぐらいは、町はクリスマスの装飾をされていることになる。

これに対してマレーシアの場合は、そういった宗教的な背景はないわけなので、早々に片付けるのかと思っていたら、意外にもそうでもない。

そもそも日本と違って、マレーシアの場合、1月1日の元日は、そこまで重要な日ではなく、正月よりも中国で言う旧正月の方がどちらかと言えば重要な行事という位置づけになっている。

ちなみに、ちょうど1月1日の朝を迎えたホテルの目の前に、インド系が集まっているヒンドゥー教の寺院があった。

そこでは朝から火を焚いたり、民族音楽を鳴らしたり、様々な催しをしていたようだが、インド人が頭の上で何か持って手で回し、そしてそれを地面に叩きつけて割るという儀式を行っていた。

何しろ、多民族国家と言われているぐらいなので、このようにそれぞれの民族が、表面上は干渉しない形で独立をしている。

とは言え、実際問題として当然ながら、それぞれの間での軋轢が起こったりすることは頻繁にあり、そういったことを抑制するために、ブミプトラ政策であるとか、そういったところで政府が気をもんでいるというのも実際のところ。

とりあえずいつ頃になればクリスマスの装飾が外されるのかということを、まだ10日ほどはクアラルンプールに滞在する時間があるので、その間は観察しておきたい。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ