台湾に留学する日本人の学生が増えている


海外留学をする日本人というのは年々、減少傾向にある。

2000年頃には日本人の海外留学者というのは82000人程度いたのが、2010年にはそこから58060人、と三割ほど減少してしまった。

これ自体は必ずしも悲観することではないと思うし、国際社会に日本人が立ち遅れているということよりも、そもそも留学さえすればグローバルなキャリアへの道が開けるという、的外れな甘い幻想が消えてきたということでもあるのではないかと思う。

こういった背景がある一方で、台湾に留学する日本人というのはどんどん増えていて、2013年の場合は3097人。

これは2004年と比べると65%も増加したことになる。

台湾といえば沖縄の先にあるので、フィリピン以上に日本からの距離は近い。

実際、HISのツアー等でも2万円くらいで諸々、ホテル代であるとか航空券込みで行くことが出来るくらいの距離なので留学先として非常に身近だし、そこまで物価が高いわけでもないのでハードルが低いというのはあると思う。

そして案の定ではあるが、その目的の半分以上というのは中国語を学びたいということだった。

中国語を学ぶために台湾という親日的な国を選ぶというのは、学生の感情としては分かる。

わざわざ人間関係がぎすぎすした中国本土へ行って、野蛮で粗野な人達と関わっていきたいという気持ちにならないというのは尤もなことだし実際、私も何度も中国の珠海や深センを中心にして訪れているが、間違っても住みたいとは思わなかった。

しかしながら台湾で中国語を学んだとしても、ではその後それをどこで生かすのかという問題がある。

基本的に華僑というのは他の国に住んでいても中国語を話せるのが一般的なので、そういった中国本土を離れたある程度、教養とマナーのある華僑と渡り合うというのであれば納得が出来る。

しかしながら自分が何者でもない留学生の場合、そういった仕事を選ぶということは通常はできない。

つまり、起業に配属されて中国語が出来るということになると、中国現地の最下層のワーカーとコミュニケーションが取れる人材ということで扱われてしまう恐れもある。

そうなってくると、中国語が出来ることによってキャリアにおいてプラスになるどころか、メンタル面で大きなダメージを受けて結局退職をすることになるとか、そういったことになるリスクというのも存在する。

当たり前の話として、中国語が出来るとか台湾に留学していたという経験があるのであれば、何の予備知識もない人よりも中国に派遣する際には都合が良い人材ということになるわけだし、自分でそういったキャリアを作っている訳なので、それについて留学生が文句を言うことは出来ない。

特に日本の企業の場合、新卒採用では所属する部署であるとか配属後の仕事の内容を選ぶということは事実上不可能なので、こういった点については慎重に考えておかないと人生を狂わす結果になりかねない。


プロフィール
プロフィール
伊田武蔵
最近の記事
記事一覧

ページの先頭へ