アーバナイゼーションで世界はどのように変わっていくのか




世界的な人口動態において、もっとも注目されていることと言えば、一般的には人口の増加や、爆発とも呼ばれる現象。

アジアやアフリカ、南米を中心に、子供がどんどん生まれ、更に世界的に平均寿命が延びることによって、人間の数が多くなり、そのことが食料や水の不足を初めとして、様々な問題を引き起こす要因となることが危惧されている。

どう考えても、地球環境において、適正な人数というのを、今の段階でも超えているわけだし、それが更に80億人、90億人、100億人と数字を伸ばしていくことについては、危険視せざるを得ない。

その一方で、他にも重要な統計というのがあって、その一つが、アーバナイゼーションと呼ばれているもの。

こちらは都市化と訳されることもあるが、どこかの町や村が発展して都市になっているという話しではなくて、都市への集中化と言った方が、日本語としては意味が通りやすいことと思う。

例えば日本で言うと、東京や大阪、福岡、仙台、名古屋等の大型都市であったりとか、それ以外の政令指定都市に人口が集中して、それ以外の小さな町や村には、住民を確保できるだけの力がなくなり、次々に限界集落化していったりとか、あるいは以前と比べて著しく、人口が減少するといったことを示している。

これは少子高齢化を迎えている日本ばかりではなくて、世界的に起こっている現象。

1950年頃には、世界の人口のおおよそ70%は、都市部以外の田舎や農村に住んでいたとされている。

そこからどんどんアーバナイゼーションが起り、国連の発表によると、2007年の段階で、都市人口とそれ以外の部分での人口というのが、ほぼつり合いが取れる状態になった。

つまり50年ちょっとの間に、田舎からは20%の人口が流出し、それらの人々は都市への移住をしたことになる。

更に国連によると、今後40年程度で世界の約7割の人が都会に住むことになり、1950年当時とは逆転現象が起こることになる。

約100年の間で、都市と農村や田舎との立場が完全に逆転するわけだが、これによって巨大都市の規模というのは、益々大きくなっていき、様々な部分でメリットと弊害をもたらしていくことになる。

当然ながら人間の移動というのは、富の移動とも言い換えることができるため、都市部とそれ以外の地域の課税権であるとか、あるいは税金の分配とか、そういったところにも影響していくのは、容易に予想がつく。

しかしながら、個人的に感じるのは、必要以上に大きくなってしまった都市というのは、残念ながら住み心地がいいとは言えないということ。

世界各国を回ってきたが、やはり町には適正なバランスというものがあって、それを逸脱してしまっているというのはいただけない。

特にジャカルタやクアラルンプール、マニラ等の新興国の首都というのは、都市計画もないままひたすら拡大しているので、渋滞解消やインフラの整備といったことが全く追いつかず、ある部分においては、年々状況が悪化している。

こういった中において、過度なアーバナイゼーションが進んでいくと、問題が全く解決しないまま人間だけが増え、ストレスが増していくことになる。

そして、このアーバナイゼーションという流れにおいて、残っていることのもう一つの側面としては、国力とそれぞれのエリアの力というのが、一致しなくなっているということ。

例えば東南アジアの首都、ンコクやシンガポール、クアラルンプール等に初めて来た人が、その発展ぶりに目を見張っているという光景には、何度も遭遇したが、これらの首都というのは、もはや世界の他の首都と比べて、著しく違いがあるわけではない。

もちろんまだまだスラムがあったりとか、あばらややバラックと呼ばれるような建物が多数残っていたり、といった側面はあるが、発展している部分に関して注目すれば、東京やパリと、遜色ないと言っても過言ではない。

ではそれぞれの国の農村部はどうかと言えば、先進国とは全く似ても似つかない生活が未だに続いている。

アーバナイゼーションによって、各国の大都市は力の差が縮まってきている反面で、国と国との力が均衡しているかといえば、そんなことはない。

こういったことも、アーバナイゼーションによって起っている現象として、頭の片隅に入れておく必要がある。

尚、この流れで考えていくと、地方創生という政府のスローガンは、アーバナイゼーションという時代の流れとは逆行しているものになる。

むしろ人口が減少しているのであれば、スマートシティを目指して、行政や医療、基本的な生活のインフラ等が揃っているところで、かたまって暮らす方が効率的だし、世界の大都市と競争力を持っていくためにも、ある程度各都市に人が集まっているということは必要になる。

例えば東京に2000万人も3000万人も押し込むことは住環境として見た時に、賛成しかねる部分はあるが、例えば人口が上位10位以内に入っている町に、人を集中させていくとか、そういった政策を取った方が、世界と戦うということを考えた時には、合理的な方針となるのではないかという風に考える。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ