アメリカで生活するなら大都市以外の場所がいい




3ヶ月ほど前に、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCの3つの都市を訪れて、アメリカでの生活というのをイメージしてみた。

まずはニューヨークに関して言うと、生活する場所としてはまずないと思った。

昔は危険地域として知られていたハーレム地区にも行ったが、ここは治安が以前と比べて大きく改善されているとはいえ、まだまだ安全ではないと感じたし、決して綺麗な町並みでもなく、先進国であるかどうかすらも疑わしかった。

実際マニラの中でも、エルミタ地区であるとか、ケソンとか、ああいったエリアと似たような雰囲気と町並みが残っている。

フィリピンというのは当然ながら※国なわけで、エルミタやケソンというのはマニラの中でも特別綺麗なエリアではない。

そういったところと変わらない雰囲気は持っていて、尚且つピリピリした空気はニューヨークのハーレムの方が上だったので、これではとても住む気にはなれない。

もちろんハーレム地区に住もうと思っていたわけではないし、ニューヨークにはもっと他にも色々な場所があるので、そういった場所も見てきたが、あえて住みたいと思うような魅力は何一つなかった。

例えばデザイナーの卵であるとか、何かしらニューヨークに住む必然性があるのであれば、そこで生活をしながら仕事をして、あるいは勉強をして、修業をするというのは一つの形だと思う。

しかしながら私は、既に仕事を持っているので、それを変える必要もないし、別にニューヨークにいたからといって、刺激を受けたり、切磋琢磨できるようなわけでもない。

こうなってくると、アメリカで生活をするということを考えた時に、わざわざニューヨークに行っても、物価は高く、家賃も世界でトップクラスでありながら、生活環境は悪く、セントラルパークのような憩いの場はあるとはいえ、町全体としてはそれほど綺麗ではないところに、住まなければいけない理由は何一つない。

続いてフィラデルフィアに関して言うと、こちらはニューヨークやワシントンDCのような幻想はあまりなく、町自体もそれなりにコンパクトにできていて、わりと居心地がいいような感じはした。

この3つの都市の中でいえば、フィラデルフィアが生活の環境としては、もっとも優れているように感じた。

しかしながら、せっかくだったらもう少し緑が豊な方がいいし、そういった意味で言えば、郊外の住宅地とか、田舎であるとか、そういった場所の方がアメリカで暮らすということを考えるのであれば、魅力的にうつる。

そして、ワシントンDCに関して言うと、決定的な問題として、地下鉄に乗っていると、毎回乗り物酔いをするということがある。

トンネルが多いせいで、耳がキーンとして耳鳴りがするし、地下鉄で毎回酔うという、世界の中でも初めての体験をした。

それも1回や2回ではなくて、10回ほど気持ち悪くなっているので、電車でありながらこの乗り物酔いの頻度というのは、完全に異常。

更に言うと、治安が良さそうな印象もなく、電車に乗っていても油断ならない状況を感じる。

郊外のホテルに泊まっていたので、そういった場所というのは自然が豊だったが、実質的に地下鉄という公共交通手段を使えないのであれば、別にワシントンDCの近くである必要も全くない。

どのみち車を使わなければ生活できないという前提であれば、アメリカの中でももっと別の場所でいいのではないかという風に結論付けた。

更に言うと、私の場合、別にアメリカに特別な価値を感じているわけではないので、北米ということで言えば、カナダの方が生活の場所としては環境が整っているように思う。

カナダについても、アメリカに行った時に、モントリオールであるとか、トロントとか、バンクーバーとか、いくつかの町を他にも回ったが、治安は全てカナダの方が先程のアメリカの3つの都市、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCよりも安定しているという印象を受けた。

更に言えば、生活環境としての自然との調和とか、緑の多さということに関しても、カナダに軍配があがる。

こう考えてみると、もしアメリカで生活をするのであれば、郊外でのんびりと暮らすような形になるが、そもそも隣国であるカナダに勝てるような理由がなければ、選ぶ必然性が存在しないことになる。

当然ながら、北米という縛りをかける必要自体がないので、フィリピン等の東南アジアであるとか、あるいはポーランドやチェコのような東欧であるとか、そういった候補にも競り勝たないといけないため、アメリカに移住するということは、今のところ有力な選択肢にはなっていない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ