電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

2021年10月になっても90日レポートのオンライン申請ができない【バンコク生活】



タイに住んでいると90日レポートという手続きが
文字通り90日ごとに必要となる。

現住所のアップデートをするのだが、
移民局へ行くか郵送、オンライン(サイトまたはアプリ)で
手続きは行える。

また、移民局での手続きの場合、
本人が行かなくても代理で手続きが可能。


本来ならオンラインで手続きができるのだが、
2020年から2021年にかけて移民局のサイトが落ち、
手続きができない時期が数ヶ月続いた。

お粗末な話だが、
考えてみればフィリピンやマレーシアでも
移民局のシステムダウンの話を聞いたり、
実際に現場で遭遇したことがある。

日本でも新型コロナウイルスと接触したか確認するアプリのCOCOAが
惨憺たる進捗を示したこともある。

タイでスムーズにオンラインへの移行が進むとは
期待するのが間違いなのかもしれない。



移民局のサイトは復旧したが・・・


仕方ないのでタイランドエリートに
90日レポートを代行してもらったのだが、
次の時期がきてもオンラインで手続きができない。

サイトは復旧しているものの、
エラーが出てしまう。

「詳しいことは近くの支部へ」
というお決まりのメッセージが表示されるばかりで、
にっちもさっちもいかない。



データベースの問題?


Twitterで確認してみたところ、
日本人に限らず同様の事象に遭遇している人がいて、
移民局のサイトが落ちていた時期の90日レポートの結果が
オンライン上の情報として反映されていない可能性が指摘されていた。

たしかにそう考えると辻褄が合う。

移民局の職員から、
「サイトのデータベースは壊れている」
と笑顔で言われたという話まである。


仕方ないので90日レポートは代行してもらったが、
タイランドエリートのオフィスに行くのも面倒なので
プロンポンのタイ自由ランドに代行をお願いしてみた。

そして先日に再び90日レポートの時期になったが、
やはり同じエラーが発生する。

人によってはオンラインで
すんなり手続きができる状況になっているようだが、
私は2021年10月になっても状況が変わらない。

どうもうまく情報が処理されていない側に
入ってしまったらしい。

この調子だと次回も改善は期待できないので、
ビザの更新(1年ごと)に伴って修正が行われるかどうかだろう。

もしくはビザの更新前にタイを出国して戻ってくれば
また新しく90日レポートの期間が始まる。

とは言え、まだまだタイの出入国が容易ではないことを考えると
その見通しも立たないのだが。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。



※登録後もメール講座はいつでも簡単に解除可能
※メール講座で学べることの詳細はこちらをどうぞ




取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事
電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中

>>こちらをクリックしてプレゼントを受け取れます