ジョホールバルにてアジア展開を語り合う


世界4大自由倶楽部のメンバーが、
福岡からジョホールバルまでやって来てくれた。

シンガポール・ジョホールバルを約10日かけて
見て回るという話。


TAMAN PERLINGにあるOlive at the Bayで待ち合わせをして、
ランチを一緒にしながら色々と話をすることに。

すでに日本でビジネスを行なっており、
そちらを社員に任せて
今後はアジアでの経営展開を考えているという。

その拠点として、
ジョホールバルへの移住を予定していた。



社員を雇うことのメリットの1つは、
うまく仕組みを作って社員教育ができれば、
こうして自分が遠隔地にいても問題なくなること。

30代にして、すでにそれを実現してしまったという。

実際、10日いなくても問題なく会社が回っているわけだし。



まだアジア展開は目論見の段階のようなので、
詳しい事業形態や地域は模索中。

とりあえず、ジョホールバルの治安をはじめとして、
私の知るアジア情報についてはお伝えした。


日本人が海外に出て、
どんどん外貨を稼いでいくことは
日本のためにも必要になるだろう。

もはや国内での需要だけで経済成長は見込めないのだから。

なお、外務省領事局政策課が発表した
海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)を見ると、
国(地域)別日系企業(拠点)数上位50位推移という項目があり、

1位 中国
2位 米国
3位 インド
4位 タイ
5位 インドネシア
6位 ベトナム
7位 ドイツ
8位 フィリピン
9位 マレーシア
10位 シンガポール

という結果になっている。

日本企業がどの国に進出しているか確認できるので、
こうした統計資料も戦略立案の上で役に立つ。



それにしても、
声をかけられた時には驚いた。

移住を考えていると聞いていたため、
もっと年齢が上かと思っていたので。

リタイア世代を想像していたら、
思いの外若いご夫婦だった(それでも年上だが)。




最後に、その時に伝え忘れたことを。

マレーシアにおいてはマレー系・中華系・インド系が
メインの人種となる。

そのうち、中華系の平均月収は12万円、
マレー系は10万円、
インド系が8万円という話がある。

正確な統計というより
かなりざっくりしたイメージの話ではあるが、
マレーシアの現実は反映している。

ビジネスの面で華僑が示す存在感は大きいし、
マレーシアでビジネスをしていく上では
華僑とのネットワークは考えた方がいいのだろう。


マレーシアに住みながらも
ネット世界で活動する私には必要ないが、
リアル世界で海外進出を狙うのであれば、
やはりこの点は避けて通れないポイントになると思う。





どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事