電子書籍プレゼント

オーストラリアで盗難にあう日本人



※以下はシドニー在住の小阪さんからの投稿

オーストラリアでのトラブルなのですけれども、私自身はあまり経験がないのですが、友人の話によりますと、シドニーとかの大きな街でスーツケースごと盗まれるとか、マクドナルドでご飯を食べていて、お財布を脇に置いておいたら盗まれたとか、物が盗まれる事がやはり結構あります。

しかも大きい街ですと、結構な割合で外国人は狙われるので、田舎町は平穏なところが多いのですけれども、シドニーやメルボルンなどの大きい街に行った際は外国人という事で狙われるので十分気を付けてほしいと思います。


観光地に行ったりすると、原住民のアボリジニーの人たちがお酒一杯頂戴とか、いくらかお金を頂戴と言ってくることもあります。

アボリジニーの人はお酒がもとでトラブルがあったりという話もあるので、あまり甘い顔をしてはいけないなと感じることはありました。

オーストラリアに移住する場合だけではなくて、オーストラリア国内を旅行している時も自分が外国人である事を忘れずに、しっかりと自分の身は自分で守ったり、自分の荷物はきちっと管理したりとか、そういう姿勢で行くのが大事です。

基本的にオーストラリアの街はあまりトラブルが無くて、特に田舎町になってくるとのほほんとしていて、気が緩みがちなのですけれども、見た目は外国人なので、しっかりと気を付けて身の回りの管理をしてほしいと思います。


オーストラリアに移住してからの携帯電話

オーストラリアの携帯電話なのですけれども、基本的にプリペイドが多いです。

学生さんになってくると、お金もそんなにないし、仕事がない状態ですと携帯電話は借りられないと思うので、学生さんはみんなプリペイドを持っています。

スーパーなどでプリペイドにお金を何十ドルか入れて、電話をかけるのが主流です。

ただお仕事をしている人なんかはしっかりと契約して携帯電話を持っている人もいるのですけれども、一般的に普及しているのはプリペイドです。

オーストラリアに行った際はプリペイドの携帯電話をまず獲得して、SIMカードを買って、チャージする方法を教えてもらうといいかと思います。

お金をチャージする方法は、大体はチャージできるカードを売っている所があったりとか、キオスクみたいなところで携帯をチャージしたいのですけれどもと言うと、お金を払って、レシートのような紙に番号が書いてあります。

チャージできるところに電話して、PINコードみたいな番号を入れると自然とチャージできるような形になります。

日本ではあまりプリペイドは使われていないのですが、海外ではかなりプリペイドが充実していて、学生さんだったり、子供だったり、一般の人も皆さんプリペイドを使っています。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ