電子書籍プレゼント

チェンマイは海外での田舎暮らしに向いている町という実感



これまでも海外の緑の多い田舎で生活しようと考えたことはあったが、なかなか適当な移住先が見つからなかった。

その中でチェンマイはタイで2番目の人口を誇る町でありながら、運河に囲まれた中心部を外れてしばらく行くと、それなりに緑も多く、バンコクとは随分と様子が異なる。

本格的な田舎暮らしをしたければ、ある程度車で移動をする必要があるが、そこまでしなくても、周りを緑で囲まれていて、空気も澄んでいて、夜になると鈴虫や蛙の鳴き声が聞こえてくるような場所で暮らすのは、チェンマイなら可能。

チェンマイの場合、中心部は四角くなっていて、周りが運河でぐるりと囲まれているので、どこからどこまでが町の真ん中なのかわかりやすいが、そこから西に5分ちょっと歩いていけば、空気の綺麗な場所も見つかるようになる。

といっても、幹線道路沿いは交通量が多くて空気も汚いし、歩いていて思いっきり排気ガスのに臭いを嗅ぐことになる。

そのため、散歩が楽しいルートではない。

しかしながら、そこから1本右折すれば、環境が全然違ってくる。



MAYAモールの周辺

例えば、MAYAモールという大きなショッピングセンターがあるが、ここの道を挟んだ向かい側であっても、まだ草むらが残っており、小路に入って草むらごしに巨大なショッピングモールを見ると、なんだか少し皮肉な感じすらしてしまう。

MAYAモールは夜になると美しくライトアップされて、その色も青や赤、紫等にどんどん色を変えていくのだが、その手前にあるのは未開発の草原で、素朴な自然が残されている。

こういったエリアであれば、町の中心部まで歩いたり、あるいはソンテウという乗合タクシーのような乗り物に乗って簡単に移動することもでき、MAYAモールの中で買い物をしたり、食事を楽しんだりすることもできるので、それなりに利便性が高い。

実際私も、3週間ほどこのエリアに宿泊していたが、大きな不便を感じることはなかった。

海外で田舎暮らしをしようと思った場合、近所に食事をする場所がないとか、買物に行くにもいちいち車に乗らなければいけないといった問題が起きがちなので、現地で車を所有するか、毎回タクシーを呼ばなければいけなかったりする。

当然田舎暮らしということになると、道で流しのタクシーを拾うのは難しいので、事前に電話して呼ばなければいけないし、行動が制限される。

車を所有するにしても、自分で運転をするのか、それともドライバーを雇うのか、といったところから検討は必要だし、車を所有してしまえば、他の町に再び引っ越すこともなかなか難しくなる。

それに対してチェンマイは、中心部であっても都会とは言えない程度の街ではあるが、少し郊外に出れば田舎暮らしをすることができ、中心部であれば、そこそこの利便性も確保されていることもあって、ある意味でバランスがいい。

自分でわざわざ車を購入しなくても、ソンテウやタクシー、トゥクトゥク等を使えば市内の移動は可能だし、空港が近いのでバンコクまで移動をするにしても、かなりハードルは低い。

さらに、LCCのエアアジア等を使えば、バンコクまで5千円もかからずに移動をすることができるし、たまには緑ばかりではなくて、海が見に行きたいとなれば、プーケットまで行ってもいい。

そういったことを考えてみると、田舎暮らしの場としてのチェンマイは、なかなか魅力的な印象を受けている。

マレーシアのように食事がまずいという根本的な問題があると、ローカルフードばかりでは厳しいし、かと言って和食レストランやそれ以外の各国の料理が楽しめて、なおかつ緑も残っている町は世界的に見てもレア。

タイの場合、リタイアメントビザが比較的容易に取れることや、エリートカードやイージーアクセスといった50歳未満でもビザを取得するための道が再び開かれたので、そういった意味でも現実的な移住先としてなかなか魅力的。

ただし、すべて食事を外食に頼るということになると、バリエーションが少ないのがチェンマイの難点で、この点に関しては覚悟しておく必要がある。

フレンチを食べられるLa Fourchetteやマッサマンカレーが美味しいDada Kafe等のレベルの高い店もあるが、多くは中心部に集中していて、田舎暮らしを楽しめるエリアだと選択の幅は大幅に狭まってしまう。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ