ダナンの個人的なベストシーズンは2月。なぜなら・・・



ベトナム中部の街、ダナンは
ノンヌォックビーチとミーケービーチが
主な見どころであり、魅力とされる街。

国際空港もあるので、
ホイアンやフエへの拠点としても注目されるが、
ダナンそのものが持つ旅先としての価値は
やはり海がメインになってくる。

では、ベストシーズンは夏なのか?

たしかにそれは一理ある。

海に来れば泳ぎたい人が多いだろうし、
日本でもヨーロッパでも北米でも
ビーチ沿いがもっともにぎわうのは夏。


ベトナムは東南アジアなので
1年中季節などなく夏なのかというと、
意外にそんなことはない。

北部から中部に関しては
12月から3月までは気温が下がり、
晴れた日の日中は半袖のシャツで十分だが、
朝晩や曇った日の昼間は上着が必要。

実際、ダナンやホイアンでは冬になると
薄手のダウンジャケットまで売られている。


となると、
これらの寒い時期を避けて
暑い時期がダナンのベストシーズンということに
一般的にはなるだろう。

加えて言えば、
雨が多い雨季も避けたいところなので
9月以降も候補から外れる。

となると、一般論としてのベストシーズンは
雨が少なくて気温が高い5月から8月まで。

日本で言う春から夏の時期ということになる。


しかし、個人的にはこの感覚がない。

私がダナンでもっとも過ごしやすいと感じるのは2月。

9月から12月にかけて雨季が続いた後、
2月は雨が少なくて気温も低め。

最高気温でも平均すると26度ぐらいにとどまる。

これなら海辺を散歩しても
それほど暑くはない。

さすがに太陽がさんさんと降り注ぐ日は多少暑いが、
これまで暮らしてきたマニラやマレーシアの
日中に比べればゆるやかなもの。

別に海に入りたいわけではないし、
それなら真夏ではないほうが人も少なくて
のんびり波の音を利きながらミーケービーチを歩ける。


先日までダナンに滞在したが、
時期が年末になってしまったので雨が多いのが残念だった。

しかもこの街は道が汚く、
とにかく泥がはねる。

砂浜まで行けばいいが、
そこまでが歩きづらかった。

本当はあと2ヶ月ほど期間をずらしたかったが、
3ヶ月の観光ビザを取ってホイアンやフエに行く関係と、
台湾のビザなしでの滞在期限の兼ね合いから
この時期に訪れることとなった。


ただし、2月の訪問には注意事項が一つある。

というのも、旧正月の時期は毎年変わるが、
ベトナムの旧正月のテトは国内移動が激しいし、
中国の旧正月は中国人観光客が退去して近隣諸国に押し寄せる。

そのため、とても騒がしくなる時期になり、
この時期が1月後半から2月の頭ぐらいになる。

もし日本から旅行をするのなら、
中国やベトナムの旧正月のタイミングは避けるのが理想。

砂浜にはタバコが投げ捨てられ、
パラソルの下のデッキチェアも中国人団体客に占拠されて
騒がしくて仕方ない。

これはダナンやベトナムに限らず、
東南アジア全般に見られることで、
去年はバンコクでこの時期を過ごしていたが、
案の定中国人団体客がホテルで大騒ぎして
騒音がひどくて参った。

アジアを旅する上で、
この時期は要注意なのだが、
毎年タイミングが変わるのが厄介なところ。



最後に

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ