電子書籍プレゼント

セブではホテルのデイユースを利用する手もある




セブと言えば世界的なビーチリゾートだが、それだけに海に面しているホテルは宿泊費も高い。

ビーチリゾートエリアもはや新興国の価格基準ではないので、その点は覚悟しておく必要がある。

予算があれば特に問題はないし、快適な滞在を望むことができるが、そうではない場合、一つの解決策として、ホテルは安めのところをとっておき、デイユースでビーチ沿いのリゾートホテルを利用する手がある。

例えば、マクタン島の中でもあまり値の張らない中級ホテルを予約しておいて、クリムゾンリゾートアンドスパとか、プランテーションベイとか、シャングリラとか、ブルーウォーターマリバゴとか、Pulchraといったホテルをデイユースで利用すれば、全体の費用はそこそこに抑えながら、美しい海や素晴らしい施設を堪能できる。



デイユースの費用

デイユースにいくらぐらいかかるかということだが、クリムゾンの場合であればデイユースのパッケージがあって、日曜日であれば2500ペソ、それ以外の曜日だったら2490ペソとなっている。

毎週日曜日はバブルパーティーがあり、こちらは一人当たり2500ペソ。

プランテーションベイの場合は、ウィークデーは2000ペソ、週末や休日は2500ペソ。

それ以外にもグループ割引で1800ペソになったり、12歳以下の場合は半額になったりといった割引もある。

シャングリラには、デイインパラダイスというコースがあって、こちらは平日が3600ペソで休日や祝日は4600ペソ。

ブルーウォーターマリバゴは、月曜日から木曜日までは1700ペソで、それ以外が2000ペソ。

Pulchraの場合、プールラグーンスイートの場合のデイユースが5670ペソで、シーフロントジャグジービラの場合は10592ペソと、他と比べてもかなり高額になっている。

こういったところで一日の大部分を過ごして、ホテルは寝るだけの場所として割りきってしまえば、普通に宿泊するよりもはるかに安く泊まることができる。



宿泊費は安く抑えることも可能

セブ島の場合、ホテル以外にも短期アパートメントもいろいろあるため、現地のフリーペーパーを見ていると泊るのが不安になるほど安いところもある。

例えば、1泊が800ペソで食事付きで畳のある部屋もフリーペーパーで紹介されている。

その部屋に泊ったことがないので、いいとも悪いとも何とも言えない。

知人を経由しても体験談が入ってきていないので、全くの未知数。



セブには格安のデイユースも

もっとコストを抑えてセブの海を楽しみたいということであれば、そういった要望に応えてくれるところもあって、例えば、青空シーサイドマクタンでは、施設のエントランス入場料が200ペソのみで済むので、非常に安価に海を楽しむことができる。

名前は忘れたが他にもいくつかこういった施設があって、地元の人も含めて多くの人で賑わっているため、そんなところを利用して海や太陽を満喫することも可能。

なお、青空シーサイドの場合、ただ単にプールやビーチを楽しむ以外にも、有料にはなるがジェットスキーやパラセイリング、バナナボートといったメニューも用意されていて、これは各ホテルでも同じようにリクエストすることができる。

ただ海を眺めたり、ちょっと泳いだりするだけでは満足できないという場合は、積極的にこういったアクティビティを利用するのも一つの手。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ