電子書籍プレゼント

ファティマからコインブラへバスで移動する方法



予言の町と知られるファティマからコインブラまでバスで移動してきた。

金額は9ユーロ台で、10ユーロまではいかなかった。

これまでリスボンからオビドスやナザレ、そしてファティマと移動してきたが、これらの移動費が3ユーロや5ユーロということを考えると若干高いものの、それでも千円ちょっとで別の町まで行けることになる。

ポルトガルの物価が安すぎて、だんだん金銭感覚がおかしくなってきた(笑)。

今までのバスの移動とちょっと違うのはチケットの購入方法で、これまではバスの中で運転手からチケットを購入する方法になっていたが、ファティマに関してはバスターミナルの中にチケットカウンターがあって、そこで事前にチケットを買っておく方法になっている。

このファティマからコインブラまでのバスは1日に何便も出ているので、柔軟に予定を組みことができる。

私はどちらの町で昼食を取るかで迷ったが、もう一度ファティマでランチを食べて、そこからコインブラに行くことにした。

というのも、宿泊していたHotel Santa Mariaが、チェックアウトの時間は他のホテルと同じように12時ではあるものの、1時ぐらいだったら延長しても全然問題ないとチェックインの際に言われていたので、そうさせてもらうことにした。

といっても、ファティマからコインブラへ行くバスが2時半出発だったので、O Truãoで食事をして1時頃にホテルをチェックアウトしてからも、意外に待ち時間も長く、iPadでちはやふるを読みながら時間を潰すことにした。

そして、コインブラ行きのバスがやってきた。

さすがに先進国だけあって、きれいなバスとなっている。

そこから1時間ほど走ってコインブラの町に着いたが、この町は丘と川があるので、バスで移動するだけでも風光明媚であることがうかがえる。


コインブラに到着、ホテルへ

困ったのは、バスターミナルからホテルまでが150mほどしかないように地図では表記されていたものの、歩いても歩いてもなかなか見つからず、結局5分ほど歩いてようやくホテルを発見することができた。

別に難しい道筋ではなかったものの、どうも地図の縮尺がおかしかったのか、距離が明らかにおかしかった。

こういったことは、Hotels.com等のサイトを使っていると、時々あること。

以前にもジャカルタでホテルの場所が全然違ったり、そういったことは何度か体験している。

しかもコインブラはなんだか空気が悪い感じがするし、直射日光も激しい。

そして、電光掲示板でポルトガルに来てから初めて30度という表示を見た。

リスボンにも気温を表示している電光掲示板があったが、ここで見たのは最高でも29度で、だいたいは27度ぐらいだった。

それに対してコインブラは30度で、オビドス等はもっと涼しい感じがしたので、まず30度はいっていない。

ということで、コインブラ到着時のイメージとしては、とにかく暑く、そして排気ガスがかなりきつい印象だった。

その反面で、Hotel Astoriaのロビーの窓を開ければすぐ目の前に川が流れているし、その向こうには丘もある。

そういった意味でいうと景色はよかったし、夜になると夜景も見ることができて、その点は非常に満足だった。

この町はコインブラ大学を中心に発展してきたので、翌日には丘の上の大学があるエリアに行ってみることにした。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ