電子書籍プレゼント

HSBC香港の口座を閉鎖された人から話を聞いてきた



先日、投資仲間が連れてきた人から、HSBC香港の口座閉鎖の体験談を聞くことができたので、内容をシェアしておこうかと思う。

簡単な経緯から言うと、5年ほど前に香港を訪れた時に海外に資産を分散したいと思い、友人たちと3人でサポート業者に口座開設を頼み、HSBCの口座を開いたのが事の始まりだった。

しかしながら、英語を滞りなく使えるわけでもなく、業者も口座開設後のサポートはしてくれなかったため、実質的に休眠口座状態になっていたという。

当初は、100万香港ドルの最低預金額を入れるのではなくて、後日送金する予定だったが、あまり使わないこともあって、そのままうやむやにしていたところ、いつの間にか口座維持管理手数料が引かれていたため、残高がマイナスになってしまっていたらしい。

もっとも、口座閉鎖に至るまで、何の連絡もなかったわけではないのだろうが、英語で送られてくるレターを読むこともなく、封筒が届いても、そのまま封は切るものの読めないことだけ確認して捨ててしまっていた。

結局気付かないまま残高がマイナスになっていて、いつの間にかHSBC香港の口座が閉鎖されてしまっていたということだった。

この人の話は、ある意味で口座が閉鎖される人の典型的なパターンで、日本人の場合、海外投資や資産分散の第一歩として、HSBC香港に口座を開設することは多いし、実際私自身もHSBC香港は重宝している。

しかしその一方で、扱いきることができずに、結局そのまま放置してしまったり、あるいはネットバンキングが何らかの理由でログインできなくなって、諦めてしまったりすることも話に聞く。

例えば、セキュリティーデバイスが新しくなったことに気付かずに手続きをしないでいると、古い物は使えなくなるので、ネットバンキングにアクセスすることすらできなくなる。

私自身もこの体験はあって、ホテル暮らしをしていると、どうしても自分の手元にセキュリティーデバイスが届かないので、新しい物が発行されたこと自体に気付かなくて、しばらく困っていたことがある。

そういった時に、英語でカスタマーサポートに問い合わせをして、問題なくやり取りができる人とか、あるいは中国語が堪能な人であればまだしも、日本語しかまともに喋れなかったり、カタコトの英語だったりすると、なかなか大変なところがある。

私自身もHSBC香港には、電話で何度か問い合わせをしているものの、香港人の英語はあまり聞き取りやすいとは言えない。

そういった場合には、口座開設のサポートを最初から事後のアフターケアまでしてくれるような、業者に頼んでおけばいいのだが、そういった選択をせずに、目先のことだけ考えて口座を開いてしまうと、その後の活用ができるかどうかが、全て自分の肩にのしかかってくる。

うまく活かし切れないどころか、いつの間にか口座が閉鎖されるという悲劇にみまわれることも。

また、私が聞いた別のケースでは、日本円でHSBC香港に預金をしていて、当初は100万香港ドルの最低預金額がクリアしていたものの、円安になっていたために、知らず知らずのうちに、100万香港ドルの金額を切ることになり、日本円では同じ金額をそのまま預けていても、基準を満たさなかったため、預金管理手数料が毎月引かれていたケースもある。

こういったことを考えても、やはり定期的に口座の状態を確認する必要はあるし、せっかくネットバンキングが充実しているのがHSBC香港の長所の一つなので、月に一度ぐらいはチェックしておきたいと、私自身も改めて思った。

個人的には毎月送金を行って、それが無事着金しているかどうかを確認しているので、その行為が結果的に、口座の状態を確認する機会となっている。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事