電子書籍プレゼント

バンコクのエカマイにある『ひな家』は、鶏料理が本格的だった


バンコクのBTSエカマイ駅に直結しているゲートウェイモールには和食レストランが多数入っていて、「ひな家」もその一つ。

同じフロアには、なぎ屋、すき家、ラーメンの幸楽苑、日本風のスイーツを食べられるタルト、ラーメン屋の幸楽苑やちゃぶ屋、それからソフトクリーム等の京や、北海道、トマトヌードル、ただいま、ツルハドラッグと、日本人には馴染みの深い店が並んでいる。

「ひな家」もこのフロアにあるが、今回は久しぶりに入った。

以前にも普通のメニューを食べたことはあるのだが、良くも悪くもない印象で、特別おいしい印象を持っていたわけではない。

ちなみに以前食べたのは、確か魚系の定食だったので、鮭の照り焼きとか、カレイの焼き魚の定食とか、そこらへんだったのではないかと思う。

しかしながら、「ひな家」は本来鶏料理の店だということで、今回はそちらを食べに行くことにした。

メニューを見てみると、元々は香川名物の鶏料理を出す店で、ひな家で使っている鶏肉はタイで平飼いして育てたこだわりの鶏肉らしい。

肉がしまっていることと、脂肪分が少なくてヘルシーであることが特徴だと書かれていた。

この店の名物が水炊きということでそちらを頼んでみたが、コンロと鍋を持ってきて、目の前で作ってくれるシステムをとっている。


どうやら、きっちりと6時間煮込んだスープを使っているということだが、確かに水炊きを食べ終わった後のスープがトロトロしていて濃厚だった。

だしがしっかりしているので、ポン酢につけずに、この鶏ガラスープだけでも食べられるほど。

この水炊きを食べにだったら、何度も「ひな家」に足を運びたくなるレベルだった。

他にも鶏料理としては、手羽先の旨煮とか、焼いた骨付き鶏とか、コリコリ軟骨の唐揚げとか、ささみと大葉のチーズフライとか、鶏唐南蛮とか、そういったものがある。

また、セットメニューの中にも、鶏そぼろ丼セットとか、チキンカツレツボールセットとか、焼き鳥ボールセットといったものもあるので、手軽な価格で鶏料理を楽しむことも可能。

鶏料理以外だと、寿司類も一通り揃っているし、鶏そぼろ醤油焼きうどんとか、ピリ辛味噌うどん等のうどん類だったり、定食系のメニューだったり、一通りは揃っている模様。

ただし、やはり「ひな家」でお勧めは、水炊きを初めとした鶏料理。

あとは食後に軽くデザートを食べるにも、お汁粉があったりとか、あるいは抹茶クレープがあったりするので、この辺も海外に住んでいる期間が長くなってくるとうれしい。

「ひな家」には、今回のバンコク滞在中に何度か足を運ぶことになりそう。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ