バンコク、プロンポンのとん清は普段使い向き【Sukhumvit Soi26】


バンコクの和食レストランには
日常的に通いやすい店から会食向きの店まであるが、
プロンポンのとん清は前者の側。

気負わずに和食を食べたい時にうってつけ。

BTSプロンポン駅からもほど近い場所にある。



駅を出たらエムクオーティエではなく
エンポリアム側に下りてトンローの方角に歩き、
Sukhumvit Soi26(Soi Ari)を右折。

すぐに左手に見える。



今回はマッサージを受けた後、
ホテルに戻る前に食事をしようと思って入った。

タイ料理と迷っていたが、
プロンポンなら牡蠣入りのオムレツが美味しい店に行きたい。

そうなるとChangビールが欲しくなってしまい、
ベトナムの旅の後に設定した断酒期間中なので
禁を破ることになってしまう。

ということで、
今夜は和食とお茶だけで健康的に過ごそうと
たまたま目に入ったとん清を訪れた。




店内は庶民的な雰囲気で、
特別な日に来るというよりは
ちょっと食事を済ませに来るというイメージ。




漫画も用意されていた。

Hunter×HunterやGet Backers、名探偵コナン等が並ぶ。



ちょうどHunter×Hunterを読み直していたところなので
妙なところでタイムリーだった。


今回はカツカレーを注文。



店名がとん清というぐらいなので
やはり豚肉系のメニューが強そうということで
久しぶりのカツカレー。

かれこれ1年ぶりぐらいだろうか?


昼食が遅めだったので
あまりお腹に入らないかと思いきや、
美味しくてあっさり完食してしまった。

特別感はないものの、
自宅の近くにあると助かる感じの店。

手頃な金額で和食が食べられるのは嬉しいし、
変に仰々しく迎えられないのも気楽。

なお、カツカレーはたしか230バーツだった。

すき焼きも美味しそうだったので、
次に試してみたい。


Sukhumvit Soi26はとん清以外にも
もみじ亭、ばんや、くまもと地鶏や等があり、
和食を食べるには困らないエリア。

さすがバンコクの中でも日本人向けの多いプロンポンだけあり、
充実度が高い。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ