香港は食事がまずい街?味覚が合うかの決め手について


旅行の感想として、
香港は食事がまずかったという話を聞くことがある。

一方では美食の都とも呼ばれており、
飲茶や上海蟹、米線をはじめとしたグルメを楽しみに
繰り返し訪れる人もいる。



食べ物が美味しいという人もまずいという人もいるが、
この理由はなぜなのか?

もちろん最終的には味覚の違いだが、
香港の食事が合うか合わないかは傾向がある。


台湾は香港と食事も街のイメージも似ているが、
実はかなり傾向が異なる。

私自身は現在台湾に住んでいるが、
以前はマレーシアとフィリピンで暮らした。

その経験を通してみると、
台湾料理は日本の味付けに近い傾向にある。

台湾もグルメと日本からの近さ、
そして九份等の観光地が魅力だが、
マンゴーかき氷のようなスイーツは別として、
基本的に食べ物の味付けが日本より。

たとえば、魯肉飯や担仔麺、菜脯蛋等を食べても
日本人の味覚に違和感なく溶け込める。

特に米が日本米と同じ種類なので、
海外で炊いた米を美味しく食べられるレアな国。


一方、香港の食べ物は東南アジアに味付けが近い。

フィリピンやタイよりは特にマレーシアに似ている。

そのため、良くも悪くも癖のある味付けとなっており、
飲茶にしても好き嫌いが分かれやすい。

言い換えると、マレーシアや東南アジアの料理が好きなら
香港での食事は美味しく食べられる可能性が高い。

逆もまたしかりで、
東南アジアで食べ物に困った経験があるなら
香港でも現地料理がまずいと感じやすいだろう。


もっとも、世界的に見ても和食が充実した街であり、
個人で経営しているこだわりの店から
ゴーゴーカレー、大戸屋、元気寿司、吉野家、
和民、新宿さぼてん、牛角、モスバーガー等の
チェーンまで進出している。

また、イタリアンやメキシコ料理等も充実しているため、
合わないのに無理に香港料理を食べる必要はない。

グルメの街だけあって、食べ物の選択肢は広い。


個人的には台湾の方が味覚は合っていて、
しかも香港の半額程度で食べられるので
食事面では台湾が気に入っている。

それでも毎年香港に行くのは投資の情報収集が目的で、
その時はイタリアンや和食を食べることも多い。

また、手早く済ませたい時には
ローカル料理の店にも入るが、
チャーハンは香港の方が美味しい気がしている。

というのは使っている米の性質の関係で、
台湾のもちもちした米をチャーハンに使うと
作り手によってベチャベチャになってしまう。

土曜日の昼食に料理下手なお母さんが子供に作ったような
ひどいチャーハンが出てくることも。

香港の米はタイ米に近くてパサパサしているため、
チャーハンにすると当たり外れが少ない。

逆に言えば、
炊いた時の味はいまいちということでもあるが。


それにしても、
香港で食事をしているとこの5年ほどで
物価がどんどん高騰しているのを如実に感じる。

この傾向は止まる様子がないし、
当面継続していくのだろう。

以前はホテル代だけが旅費の中でも突出して高く、
市内の交通費や食費は安いイメージだったが、
最近は食事がそこまでコストがかからない街ではなくなった。

結果的に、費用対効果は悪くなり、
一方でサービス水準が上がっているわけでもなく、
少々使いづらい街になってきたという印象も否めない。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ