イスラエルに移住する前の下見のポイント


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿

正直、私は下見をしていないのと、しないで「あ〜、失敗したな。」って思った事があまり無いので、敢えてしておくべきとは思わないですけど、ただ私の場合はシアターの研修先の人がアパートを探してくれて、そこに住んだんで、たまたま凄く良いルームメイトと土地だったり部屋だったので、それで大丈夫だったんですけど、そういう意味では一応、もし下見に来るとするなら住む場所、エリアに対して下見をしておく事をお薦めしますね。

やっぱり、そこまで危険じゃないですけど、例えば私の今働いている劇場の近くは、かなり貧困層の人達が住んでますし、結構犯罪も多いところなので、そういう地域を避けたりとか、もっと言えば私が最初住んでいたヤホっていうところも、あまり治安が良いとは言い切れない場所なんで、個人差がありますけど私はそういう場所でも、大丈夫だと思ったんで住んでみましたし、住んでてそこまで危険な事に巻き込まれたって事が無かったので、良かったんですけど、そういう意味ではテルアビブの北部の方が治安は良くて、お値段が高くなると思うんですけど、そういう所に住むと良かったりとか、個人差があると思うので、そういう自分に合った場所みたいなものを探しに来るっていうのは良いと思います。

後はネットワークですね。こっちに住んでいる日本人だったり、若しくは現地に住んでいる人と仲良くなっておくと色々な情報が入るので、本当に移住する事になった時に何かと手助けしてもらえると思うので、皆すごく気さくなんで、そういう繋がりはすぐに出来ると思うので下見で来るとするなら、そういうところを気をつけて来たら良いのではないでしょうか。

イスラエルに住むことにしたきっかけ

イスラエルに住む切っ掛けは、私がダンスを日本でずっとやってたんですけど、たまたまイスラエルからフィジカルシアターが来ているという事で観に行って、そこで観た作品に衝撃を受けて、フィジカルシアターって演劇やダンスとか舞台美術、映像、後は音、空間、衣装なんかを総括的に駆使して、作品を生み出すようなジャンルなんですけど、その作品を観た時、とても衝撃を受けて「ここのカンパニーで一緒に働けたらな。踊れたらな。」なんて思ったのがイスラエルに興味を持った切っ掛けで、数年前に運良くスカラシップを日本で取れて一年間このカンパニーで研修が出来るという事になって、一年イスラエルに住んでみたんですけど、ここの政治的なイメージだと凄く悪いイメージがあったんですけど、人々は皆、とっても暖かい人ばっかりで研修先もとても充実してたので、一年後研修が終わってからも、そのままこっちに住もうと思って、住みだしたのが切っ掛けですね。

それから、もう今、丸三年この土地に住んでますけど、「このままもうちょっと住んでいたいな。」と思える位素敵な所です。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ