イスラエル人の時間感覚


※以下は海外移住者の読者さんからの投稿 時間感覚なんですけど、私よくイスラエル人に言うのが、イスラエル人時間があるよねとか。

イスラエル人時代もそうやって言ってますけど、やっぱり多少のんびりしている国なので、「この時間に集まる

って言ったら、なかなか10分すぎたあたりで全員集まるとか。

なんかテルアビブには5分前行動というような言葉はないような国なので。

たとえばシアターでなにか公演するってなった時も、日本ではだいたいオンタイムで始まりますけれど、まずお客さんが時間通りに来ないので、多少時間が10分、15分くらい伸びてから始まるということがすごくありますね。

この間、日本人の日本の伝統芸能かなんかの公演を見に行ったときに、いつも通りにイスラエル時間で始まるのかなって思ったら、そこは違ってやはり日本人の公演っていうのもあって、9時きっかりに始まったところを見て、ちょっとびっくりしましたね。

みんな、そこら辺はちゃんと来るんだと思って。

あとは仕事の面ではそうですね。

この時間に集まると言ってなかなか集まらないってことはよくあります。

あとは時間にちょっとルーズですけど、だらだら仕事をするというわけではなくて、結構集中してやる分だけやってパッと帰るとか、そういう時間の使い方が上手いというのか、日本人みたいに残業をいっぱいしてやるというよりは、ガッと詰めてやったりとか、そういうところは良いなと思いますね。

あとはテルアビブでは結構週末とかきちんと休みを取るという時間の感覚というんですかね、なんか感覚があるんで、そういう緩急の着いた生活リズムっていうのは私、向こうの人たち良いなと思いますね。

ただちょっと時間に遅れるっていうのはどうなのって思うときがありますけど。

テルアビブで生活をして感じた日本の良さ

日本の良さは本当に感じます。

テルアビブに来てからもう余計に感じますね。

こんなにマナーのある人種はいないんじゃないかって思うくらい。

このイスラエルっていう国とかなり対照的な国民性だから、それをすごく感じるのかもしれないんですけど、とにかくマナーが良いなっていうのを日本人の人に対しては感じます。

この国で列を作って並ぶのができないっていうのをよく見ます、もしくは割り込むのが当たり前とか。

テルアビブでは本当にマナーがなってないとかこの国では多いので。

だからそれに負けじと「なんで割り込むんだ」とか「並んで、ちゃんと」って言わないとダメだったりとか。

本当に、日本人の幼稚園児でも出来るようなことがこっちの国の人たちは出来ない。

出来る人もちろんいるんですけど、そういう人に会うことがとっても多いですね。

あとは食事のマナーだったり、まあ本当に汚く食べる人もいて。

私の日本人友達でイスラエルの方と結婚して子どもが出来て、こちらに住んでいるんですけど、今ちょっと別居をしていて、子どもたちは週に一回になったときに、子どもたちはまだ小さいんですね。

で、食事のマナーを身につけさせようとするんですけど、かなりイスラエル人のお母さん、お父さんたちはすごく甘やかして子どもを育てるという傾向があるので、その友達の子供も、お母さんと常に週末以外はいるので、野菜が食べるのが嫌だったり、その食べない野菜を床に捨てたりとかするっていうので、かなりその友人の人はしつけをするのに苦労するっていう話をしていました。

あとは、それこそイスラエルに初めて来たときに乗った飛行機なんですけど、韓国から乗り継いでイスラエルに来たんですけどイスラエルに到着して、さあ機内から外に出ようとしたときに、大半がイスラエル人の方が乗ってたんですけど、まあ汚い。

テルアビブでは毛布だったり小さい枕だったり、何でも床にポンと置いてあって、ぐっちゃぐちゃのまま出てくっていう。

なんかそういうのを見ると、やっぱり「日本人の人はそういうことはないよな

というのを改めて感じますね。

あとは、これはサファリパークで働いているイスラエル人の友達から聞いたんですけど、車で中で入れるような、車から動物たちを見るっていう、自家用車だったり、そこの専用のバスだったり。

で、自家用車で来ていたイスラエル人の女の人が、女の人といってもお母さんですね、子どもと一緒に来てた人が動物に向かっていきなり石を投げたそうなんですよ。

で、係員だったので「そんなことをしないでください」って言ったら「動物が動かないから投げただけなのに何でよ」っていうような逆に怒ってるっていう。

まあ本当に話し出したらきりがないくらい、日本ではありえないようなことが多いですね、何でも。

そういうのを見るとやっぱり日本人の人ってすごくきちっとしてるなって思いますし、あとは日本の文化は本当にすごいものなんだなっていうのを感じますね。

これは外から日本を見て、なんか改めてやっぱり感じましたね。

すごく独特で繊細で、素晴らしい国なんだなっていうのを改めて感じることが出来たのは、やっぱり海外に出てからすごく感じましたね。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ