電子書籍プレゼント

マレーシアで鍵が壊れて外に出られない


昼食のためKacang Pool Hajiへ行こうと自宅のドアに手をかけたら、なぜか鍵が開かない。マレーシアのコンドミニアムの場合、ドアは2重になっていて、外側に鉄格子のような扉が付いているのだが、内側の普通のドアの鍵が開かない。

内側からなので、ドアノブ近くにある鍵をひねって動かすだけなのだが、錠がまったく動かない。この鍵、以前から動きが悪かったが、完全に開かなくなってしまった。

ドアが開かないので、まったく外に出られない。最悪2日ぐらいは籠城できるだけの食料と水はあるが、これは参った。とりあえず不動産業者に連絡し、修理のためにエージェントが来てくれることに。到着後、内側からドライバーを使って鍵の部分を外したが、外からも中からも錠が動かない。微動だにしない。

結局、鍵屋を呼ぶことに。到着後、鍵屋が悪戦苦闘するものの、結局は力づくで破壊することに決定。もはや鍵屋の技術とか一切関係無しの力技。職人芸も何もなかったが、そうしたことを気にするお国柄でもないのはマレーシアでの生活で重々承知していたので、特段驚くこともなかった。

鍵が開かなくなってから3時間。意外に早く決着した。どうしようもない場合、バルコニーにシーツをくくりつけて下の階に到着したら「ジャパニーズ・ニンジャ!」と驚かれるだろうかと、どうしようもないことを考えてしまったが、それを実践するには及ばなかったのは幸いだ。

それにしても、外部からの侵入者を拒むために二重にまでなっている扉に、まさか家主の自分自身が幽閉される羽目になるとは。ジョホールバルの建て付けに不安を覚える出来事だった。住んでいるのが高層階だったりしたら、より深刻な不安を感じていたことだろう。



伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事