電子書籍プレゼント

ポーランドのカトヴィツェは2泊ぐらいして観光をしてもよかった



クラクフからスロバキアのブラティスラバへの移動のために、カトヴィツェ駅を経由して移動することになった。

この時乗り換えの際、1時間以上あいていたので、ちょうど12時頃だったということもあり、町に出てランチを取ることにした。

事前にカトヴィツェという町を調べたところ、どうも滝が観光名所になっていることは判明したので、おそらくあまり町が大きくない閑散とした場所なのかと思っていたこともあり、ホテルを探すのが面倒くさそうでもあったので、あえて宿泊せずに直接スロバキアに行くことにしていた。

しかしながら、カトヴィツェの駅を降りてみると過ごしやすそうな規模の町が広がっていたので、これであれば1泊か2泊ぐらいして、街を見て回ってもよかったのではないかと少しばかり後悔した。

それなりに伝統的な町並みがあり、遠くの方にはビル群が見えたりもしていたので、こういったところをもう少し重点的に観察してもいいのではないかという印象。

特にクラクフは非常に印象がよかったので、ポーランド全体としてもかなり期待が持てるのではないかという感覚がある。

しかしながら、すでにブラティスラバ行きの鉄道のチケットも取ってしまっていたし、2泊分のホテルも予約してあるので、カトヴィツェにとどまるわけにもいかず、とりあえずランチだけを済ませて戻ることにした。

そこら辺をウロウロしていたら、ケバブの店があったので、とりあえずはそこで食事を済ませることにした。

ざっくりと見た感じだと、このカトヴィツェの近くのレストランは、クラクフほど観光客向けにはできていないような感じがする。

実際ポーランド語だけの表記のメニューも少なくないし、そこら辺はやはり観光地であるクラクフの方が便利な印象は受けた。

ここでケバブを食べて、簡単にカフェの中でメールチェック等をしてから駅に戻る途中に、駅前にある大きなショッピングモールにも寄ってみた。

こちらも十分な規模があって、ゆっくり品揃えや価格帯の調査をする時間はなかったものの、カトヴィツェがそれなりの規模であることはうかがえた。

そして、ポーランドでよく見かけるロディというアイスクリームを買って、それを食べながら駅に向かった。

カトヴィツェ駅はクラクフ駅と同様に駅の中で快適にWi−Fiが使える。

普通に仕事をしていてもなんら問題がないレベルなので、スピードに関しても申し分ない。

様々な国際空港等でWi−Fiが設置されていることはあるものの、実際には繋いでも異常に遅いとか、日によって接続できるかどうかまちまちであるとか、そういったことが多い中で、クラクフやカトヴィツェの駅は快適にネット環境が整備されているので、その点に関しては助かる。

駅の中にも色々と食べる所はあるので、あえてクラクフで何か適当なものを買ってきて、冷めた状態で食べるよりも、カトヴィツェで食べるという決断をしてよかった。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ