プロンポンの日本料理、絆(KIZUNA)へ【Sukhumvit Soi33/1】



プロンポンのフジスーパーの近くにある
和食レストランの絆(KIZUNA)へランチに行ってきた。

この界隈は初めてバンコクを訪れた時に
土地勘もないままにフラフラさまよって、
食事をした記憶がある。

当時はマレーシアに住んでいる時期だったので、
バンコクは本格的な日本料理が食べられることに感激した。

もちろんマレーシアにも和食レストランはあるが、
レベルはタイの方がずっと上。


あの時に入った店がどこかは思い出せないが、
ひょっとしたらここかもしれないと思いつつ
絆ののれんをくぐった。

場所はSukhumvit Soi33/1。

その前に立ち寄ったフジスーパーでは、
読売新聞の勧誘を入り口でしていた。

2つの出口のうち、
片方はおそらく日本人の男性が、
もう一方はタイ人の女性が共に日本語で。

このあたりは本当に日本の雰囲気が濃い。

海外生活が長くなるとほっとする雰囲気がある。


なお、できれば入手したかったフリーペーパーのバンめしは
残念ながら置いていなかった。

帰りにたい焼きを食べるかどうか迷ったものの、
ランチ前なのでひとまず見送り。

近くにあった絆に入ってみることにした。





サーモン丼と悩んだ末、海鮮丼を注文。

蕎麦も一瞬迷ったが、
先日プロンポンで生そば、あずまへ行ったばかりだし、
専門店に蕎麦はまわすことにした。

なお、ランチの海鮮丼には茶碗蒸しも付いてきた。




まぐろやサーモン、カンパチ等がのっていて、
なかなかのもの。

金額はランチで350バーツ。

表に出ていた表示によると、
絆では鮮魚類を築地から週2回空輸しているらしい。


このあたりは日本人向けのレストランや
すずき不動産があったり、
マッサージ店も充実している。

炭火七輪焼肉の蔵やらあめん亭、担々麺、
パン屋のカスタードナカムラ、Herrity's Irish Pub等、
Sukhumvit Soi33/1だけでも目移りしてしまう。


ランチ帰りにマッサージを受けたかったが、
食後すぐにタイマッサージは避けたかったので、
エムクオーティエをぶらぶらして腹ごなしをしてから
適当なマッサージ店に入ることにした。

最近はプロンポンでもエンポリアムに行く機会が減り、
もっぱらエムクオーティエを訪れるようになった。

紀伊國屋書店が入っているのも大きいが、
開放感があるデザインなのも個人的には好み。

最近、極めて軽度の閉所恐怖症を疑っているぐらいなので、
広々した場所は居心地がいい(笑)。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ