電子書籍プレゼント

海外移住をするのに国際運転免許証を取らなかった理由




多くの人は海外移住をする際に
国際運転免許証を取得しておく。

こうしておけば日本以外の国でも車を使えるし、
身分証明にもなりそうという理由で持っていく人が多い。

それはそれでうなづける。


しかし、私はそれをしなかった。

知らなかったわけではないし、忘れていたのでもない。

あえてそうした。


その理由はなぜか?


国際運転免許証はわざわざ1年ごとに
更新する必要があるため。

そのたびに日本に帰国するのは面倒。

しかも、私は花粉症の時期に逃げるように海外移住をしている。

そのため、1年で更新されると
毎年スギ花粉が飛ぶか飛ばないかの時期に
日本に行かなくてはならなくなる。

早めに行くとしても、
南国から1月や2月の真冬の日本に飛ぶはめに。



正直、そこまでの手間をかけてまで
国際運転免許証が必要だと思わなかったし、
実際に海外移住を果たしてからも必要だとは感じていない。

身分証明にはパスポートがあるし、
別にわざわざ海外で運転しようとも思わない。

東南アジアはタクシー代が安いので、
わざわざ自分で運転する手間をかける必要もない。

まして、私はペーパードライバーなので
国際運転免許証が活躍する場面もない。


ということで、
海外移住にあたって国際運転免許証が必要かと聞かれれば、
運転する予定がなければ特に必要ないと思っている。

頻繁に日本に戻る予定があるのなら、
更新手続きもそれほど負担にならないかもしれないので、
安心のために持っておいてもいいとは思うが、
別に必須ではないだろう。



ちなみに、友人がマレーシアのレンタカーを借りる時、
国際運転免許証なしでも日本国内の免許で
マレーシアなら運転できると言われたらしい。

真偽は不明だし、
かなりあやしいと思うのだが・・・。



移住先の国で運転免許を取得する手も

マレーシアの次にフィリピンへ移住したが、
そこでは現地在住歴10年以上の方から、
フィリピンの運転免許証の取得を勧められた。

当時住んでいたのはマニラで、
日本人が運転をするような環境ではない。

渋滞がひどいだけではなく、
外国人が運転している車に難癖をつけて
袖の下を要求する悪徳警官もいるので。

そのため、ドライバーを雇っている駐在員も珍しくない。


そんな環境下で運転免許の取得を勧められたのは、
身分証明書になるという理由だった。

たしかに現地の身分証明書があれば
何か役に立つ機会はあるかもしれない。

しかし、役所とのやり取りが一日がかりになると聞き、
取得は断念することにした。

そして、今の所何も困ったことはない。

身分証明書としてはパスポートで基本的に事足りるし、
部屋を借りる時もそれで十分。

とは言え、
車を実際に運転する場合には、
日本で国際運転免許を取って毎年更新するより、
現地の免許を取得する方が楽な場合もあるので、
その点は調べてみる価値がある。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ