大学講師T氏がマカティ来訪


自らビジネスを持ちながら、
大阪の大学で外部講師も務めているT氏がマカティにやって来た。


現在は週一で講義を受け持っているものの、
大学が夏休みのうちにフィリピンに来たらしい。

これから海外移住も予定しているため、
その下見に来たという話で、
世界4大自由倶楽部を通して私にも連絡が来た。

マレーシアに住んでいた頃と比べると、
フィリピン・マカティに来てからこうした連絡はだいぶ増えた。

すでにセブも見てきた後ということで、
T氏はフィリピンを気に入った様子。

近いうちに移住したいと言っていた。

大学の講師をしていると言っても
収入のメインはそちらではないので、
契約が切れればいつでも来れるようだ。

このT氏、マカオ好きで何度も行っているようだったので、
その辺のハードルも低そう。

本人が言うには英語が苦手なので、
フィリピンに来たらしっかり勉強するらしい。

たしかに語学留学で来る人も多いので、
それには適した環境だろう。

私はまったく勉強していないが・・・。

37歳ということでそれなりに年齡も近く、
まだまだ現役で働きながら海外に移住するというのは
私とも似たところが多い。

特に場所に捕らわれない仕事のため、
T氏もまた、どこにでも住める前提は整っている。

現在申請中のクオータービザの話もしつつ、
グリーンベルトのフィリピン料理に舌鼓を打った。

食事中にスコールが降ったらしく、
レストランを出たらいつの間にか地面が濡れていたが
雨はすっかりやんだ後だった。

最近は不思議と雨に降られることはなく、
こちらが避けなくてもスコールの方が
狙いすましたように時間を外してくれる。

さすがに折り畳み傘は手放せないが、
傘では対抗しようのないほど強烈なスコールもあるので、
時間帯がずれているのは幸い。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事