電子書籍プレゼント

マドリッドの空港の近くのホテルに泊まる意味がなかった



ポルトからマドリッドに到着する時間がかなり遅かったので、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港近くのホテルを予約しておくことにした。

普段は町中のホテルを取ることが多いし、空港の近くにわざわざ泊まるメリットもあまりないものの、今回に関しては睡眠時間を多く確保することを重視した。

地図で見る限り、十分に歩いていける距離だったので、簡単に見つけられるかと思いきや、実際のところ、空港のどの出口から出るのかもよくわからず、Googleマップを空港のWi−Fiでつないだりして、ようやくわかってからもどうやら大きな幹線道路が邪魔をしていたりとか、後は立体の交差点があって、そこはおそらく徒歩では通れないであろうことが遠目からでもわかった。

そういったこともあって、結局徒歩でホテルまで移動することは断念することになった。

仕方がないのでもう一度空港に戻ってタクシーに乗ったところ、初乗り料金が20ユーロ。

最初はその20という数字が、料金ではなく他の何かを示すのかと思っていたが、結局は20ユーロということだった。

後から調べてみたところ、やはりスペインのタクシー全般がそこまで高いわけではなくて、空港限定らしい。

逆に、町中でのタクシーであれば、2ユーロ以下が初乗り料金ということだったので、相当割高な料金を支払ったということになる。

しかも、20ユーロを払っても、距離的にはワンメーターくらいの距離だったので、日本と比べても損をした感じがある。

スペインは基本的に物価の安い国だし、人件費についても安いので、タクシーにそこまで払うのはなんだか釈然としないものがあるし、どうりで夜11時を過ぎても、空港にタクシーが長蛇の列を作っているのが納得できた。

明らかに供給過剰であったものの、タクシーの運転手としては、町を流しで走っているよりも、空港で1人でも客を捕まえて、圧倒的に高い金額を確実に取れる方が楽という算段なのがよくわかる。

どうやら市内までのタクシー代も一定料金で決まっていて、こちらは30ユーロらしい。

ということは、町中のホテルを予約しておいて、まだ地下鉄が出ているのであれば地下鉄で移動して、もし仮に地下鉄が出ていないのであれば、タクシーで10ユーロ余分に払って町中に移動する方がよほど価値があったのではないかと思う。

後日調べてみたところ、どうやら空港から1駅いったところのバラハス駅がホテルの近くになるので、1駅だけ地下鉄に乗って移動するのが、最も合理的な選択ではあったらしいものの、当初は徒歩で行けるという思い込みがあったので、そこまでの下調べはしていなかった。

何にしても、一度地下鉄に乗るのであれば、もはや町中に行くのも、バラハス駅の近くのホテルに泊まるのもたいして変わらないし、むしろバラハス駅にホテルから行く分にはいいものの、バラハス駅からホテルに行くのは、目印がなくて非常に難しかったと思うので、そのホテルに宿泊する意味はなかった。

そして、一泊だけでマドリッド市内のホテルに鞍替えしたので、スペインでの昼寝をこのホテルですることはなかった。

どうせだったら町中に行って、泊まった方が翌日の利便性も高いし、この辺は残念な選択だった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事