電子書籍プレゼント

バタワースでの宿泊をやめにした理由



イポーからペナンに行く際に、ペナンの対岸にあるバタワースという町に寄ろうかどうか考えていた。

一般的にペナンと聞いて普通の人が考えるのは、ジョージタウンと呼ばれる島の側。

バタワースはジョージタウンと海を挟んだ反対側ということになる。

私はイポーからペナンにバスで行く予定だが、クアラルンプールからそういった移動手段を使う場合であっても、一旦はバタワースに寄って、そこからフェリーでペナン島本島に渡航する段取りになる。

こちらは地図で見ても距離は近いし、フェリー代も1.2リンギットということで30円程度と安い。

それはそうとして、折角なのでバタワースで一泊して、町の様子を見てからジョージタウンのあるペナン島に移るのもいいのではないかと思ってホテルをいくつかチェックすることにした。

しかしながら、agodaをみてみると、バタワースにはホテルが少ない。

逆にジョージタウン側はホテルが密集しているエリアなので、島の東側から北側についてあっさりと宿泊先の候補を見つけることができた。

そして、バタワースのホテルのレビューを見ていたら、周りに何もないとか、食事をする場所を見つけるのが大変だったとか、そういった感想が書き込まれていた。

これをみて感じたのは、バタワースにいったところでただ単に土地が広いだけで、何もすることがないのではないかということ。

これがはじめての国であれば、その雰囲気を味わうとか、空気を吸っているだけでも十分にわくわくしたり、旅の高揚感を味わうことができる、

しかしながら、バタワースの属するマレーシアは、私にとって二年以上住んだ国で今となってはまったく目新しさがない。

実際のところ、イポーに来ても以前見たことがあるような景色がひたすら並んでいるだけで、ジョホールバルとの違いを見つけることはできるものの、それによって心が躍るかというとそこまでの感動を得ることはできない。

恐らくバタワースでも同じ事が起こるであろうという予測から、そこでの宿泊はやめにしてさっさとペナン本島に入り、海が飽きた段階で切り上げて次の町に行こうと思う。

残念ながら私はビーチリゾートにあまり意味を感じないし、最近までフィリピンのプールがあるコンドミニアムに住んでいたので、ことさらに海で泳ぎたいという気持ちもない。

実際、ペナンに行ったところで特に海に入る予定もないし、そもそも水着は捨ててきてしまった。

どちらかといえば緑の多い場所に行きたいのだが、そういった場所はそもそも観光客向けでないことが多いし、アジアにおいてはある意味あきらめている。

おしゃれな村とか美しい村と呼ばれるところはヨーロッパにたくさんあるので、そういった国に行った時に訪れようかと思う。

特にイギリスやフランスの首都郊外の村であれば、そういったニーズも満たしてくれると思うので、そこらへんに期待したい。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ