電子書籍プレゼント

セブ島、リロアンの海にやってきた



フィリピンの中でも、セブはビーチリゾートとして知られているが、リロアンというエリアは、セブシティからも若干外れているので、あまり一般的な知名度は高くない。

私自身、何度かセブ島にやってきたが、セブシティの東側にあるリロアンに来たのは今回が初めて。

今回泊まったホテルは、ホグラシン通りという海の近くの通りに面しているが、シービューではない。

ホテルの廊下から若干海が見えるし、距離が近いことはわかるものの、どういったルートがあるのかよくわからなかった。

ホテルで質問をしてみようかとも思ったが、うっかり聞くのを失念したまま昼食を食べに出てきてしまったので、あまり気にせずにレストランを求めて歩いていた。

すると、ホテルを出て北側に歩いても、あまり店がないことがわかり、そのまま引き返そうかと思っているところ、右手を見たらトラックの影に隠れているが、若干海が覗いていた。

その道を歩いていると、案の定海に出ることができて、左手には砂浜が広がっているのが見えた。

とはいえ、この時はあまりにも暑く、この数日涼しい日が続いていたセブ島だが、灼熱の太陽と言うべき日差しが降り注いでいたので、あまり長居することもなく、しばらく海を眺めて戻ることにした。

先日までいたパングラオ島に比べると、水の透明度は残念ながら低く、濁っているとまでは言わないが、あまりきれいな水質には見えなかった。

そして周りを見てみると、砂浜の近くには、リゾートホテル等が立ち並んでいるわけでもなく、緑が溢れていて、とても素朴で長閑な感じがした。

そこら辺にいるのも、いかにも観光客という人ではなくて、地元の人たちがメインに見えた。

それから数時間経って、夕食の前にもう一度海を見に行くことにした。

すでに日も落ちかけて夕暮れになっているので、一気に気温も下がる。

日本の夏と違って、フィリピンは日差しの影響で暑さ寒さが決まるので、夕方になっただけでぐっと気温は下がるし、過ごしやすくなる。

そこで、先程と同じルートを通って、リロアンのビーチに来て、砂浜も歩いてみた。

砂の質を観察しても、さらさらした綺麗な白い砂ではなくて、満潮と干潮の関係もあるのか、黒く固い砂になっていて、あまりリゾート地には向いていないことが伺える。

途中で一度野良犬に吠えられるハプニングがあったりして、パングラオ島に比べると、いまいち過ごしやすくはなさそうだし、飲食店もほとんどない。

グリーンマンゴーを売っている店と、何かのグリルをしているようだが、あまりにもお客がいないためか、特に何も焼かずに七輪のようなものを前にして、ぼーっとしている人がいるだけの店とか、レッドホースやポークシシグをセットで買うと、お得になるというキャンペーンをしているが一人もお客さんが入っていないレストランとか、そのくらいしか見当たらなかった。

リロアンはビーチリゾートとしては決してレベルの高いところではないが、とても素朴な場所なので、そういった意味での癒しを求めるのには、悪くないのかもしれない。

パングラオには劣るものの、ここはここで独自の魅力があるように感じる。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ