電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

コンドミニアムのエレベーターで不動産投資の勧誘を受けた




自宅近くのリトルトーキョー、のだ屋でハマチ定食を食べ、
コンドミニアムに戻ってきた時のこと。

エレベーターの中で後ろから声をかけられた。

振り返ってみると、
何かパンフレットを差し出している。

受け取ると近くのコンドミニアムの販売用パンフレットだった。



これは初めての話ではなくて、
コンドミニアムの中でも2回目。

フィリピンは貧富の差が激しく、
普通の道端でパンフレットを配っても
コンドミニアムの購入者層にはアプローチできない。

そのため、ショッピングモール等の場所を選んで
配布することになる。



彼女たちも、そうした仕事をしているのだろう。

エレベーターに乗っていたのは偶然で
ただ移動するためだったと思うが、
賃貸にしろ自己所有にしろ、
外国人向けコンドミニアムに住んでいるなら
購入者層には違いない。

売っているのは1,000万円弱からの部屋なので。


そうなると、
とりあえず渡してみるというのは正しい戦略に思える。

しかも身構えていないタイミングなので、
思わず受け取ってしまうという利点も。

営業のテクニックとしてラポールを築くとか、
相手からの信頼を得るといった方法は事欠かないが、
まずは話を聞いてもらうとか、
資料を受け取ってもらうというのが最初のハードル。

不意に声をかけると
警戒される前に相手が耳を傾けるスタンスになる場合がある。



フィリピンでは不意にパンフレットを渡される場面が
他にもあった。

たとえばグリーンベルトというショッピングエリアで
下りのエスカレーターに乗っていた時のこと。

上りのエスカレーターの人とすれ違いざまに
同じく不動産のパンフレットを渡されたことがある。



移動中も仕事をする意識の高さを考えると、
フルコミッション制の仕事なのだろうか。

これはマレーシアに住んでいる時には経験しなかったこと。

フィリピンの景気のよさを反映しているようで、
かなり面白い出来事だった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。



※登録後もメール講座はいつでも簡単に解除可能
※メール講座で学べることの詳細はこちらをどうぞ




この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事
電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中

>>こちらをクリックしてプレゼントを受け取れます