コンドミニアムのエレベーターで不動産投資の勧誘を受けた



自宅近くのリトルトーキョー、のだ屋でハマチ定食を食べ、
コンドミニアムに戻ってきた時のこと。

エレベーターの中で後ろから声をかけられた。

振り返ってみると、
何かパンフレットを差し出している。

受け取ると近くのコンドミニアムの販売用パンフレットだった。

これは初めての話ではなくて、
コンドミニアムの中でも2回目。

フィリピンは貧富の差が激しく、
普通の道端でパンフレットを配っても
コンドミニアムの購入者層にはアプローチできない。

そのため、ショッピングモール等の場所を選んで
配布することになる。

彼女たちも、そうした仕事をしているのだろう。

エレベーターに乗っていたのは偶然で
ただ移動するためだったと思うが、
賃貸にしろ自己所有にしろ、
外国人向けコンドミニアムに住んでいるなら
購入者層には違いない。

売っているのは1,000万円弱からの部屋なので。

そうなると、
とりあえず渡してみるというのは正しい戦略に思える。

しかも身構えていないタイミングなので、
思わず受け取ってしまうという利点も。

営業のテクニックとしてラポールを築くとか、
相手からの信頼を得るといった方法は事欠かないが、
まずは話を聞いてもらうとか、
資料を受け取ってもらうというのが最初のハードル。

不意に声をかけると
警戒される前に相手が耳を傾けるスタンスになる場合がある。

フィリピンでは不意にパンフレットを渡される場面が
他にもあった。

たとえばグリーンベルトというショッピングエリアで
下りのエスカレーターに乗っていた時のこと。

上りのエスカレーターの人とすれ違いざまに
同じく不動産のパンフレットを渡されたことがある。

移動中も仕事をする意識の高さを考えると、
フルコミッション制の仕事なのだろうか。

これはマレーシアに住んでいる時には経験しなかったこと。

フィリピンの景気のよさを反映しているようで、
かなり面白い出来事だった。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事