フィリピン、マクタンの治安で注意すべき店をセブ島在住者が語った



マクタン島というと、セブ島の一部として語られることもあるが、国際空港や日本人に人気のビーチリゾートエリアがあるのはセブ島側ではなく、このマクタン島側で、多くの人が訪れているし、移住して住んでいる人もいる。

ここら辺の治安がどういったものかということについて、現地に住んでみての率直な感想をまとめておくことにした。

まず前提として、マクタン島はかなり小さな島であるものの、ほとんど未開発で、バラックのような小屋が並んでいるだけのエリアもあれば、空港近くのそれなりに開発されて、外国人も躊躇なく入れるような店が並んでいるエリアもある。

例えば空港から北東の方に走っていけば、スターバックスや和食レストランの居酒屋のんき等が立ち並ぶエリアもあるが、その一方で夜になるとほとんど人が通らず、街灯もろくにないような場所も多々残っている。

その為、マクタン島の治安というのも、エリアごとにかなり差があるのだが、ある程度開けたところに関して言うと、そこまで特殊な事情があるわけではない。

一般的な海外の町を歩く時と同様に、軽犯罪に気を付けておけば、そこまで危険ということはない。

さすがに夜中に1人歩きをしたりするのはやめた方がいいので、タクシーを拾うのが妥当なところだし、マクタン島のタクシーは初乗りが40ペソ、だいたい100円からなので、利便性だけではなくて、安全面を考えてもこういったものを利用するのが好ましい。

フィリピン国内で考えると、基本的にはマニラよりもセブ島やマクタン島の方が治安はいい傾向にあるので、そこまで身構える必要はないが、有名なリゾートなのだから完全に安全かと言えばそんなことはないので、一応海外であるという認識を持って、行動しておく必要はある。



マクタン島のリゾートエリアの治安や利便性は?

ビーチ
マクタン島の中で最も華やかであり、発展しているシャングリラやクリムゾン、モーベンピック、アバカ等のリゾートホテルが並ぶ南側のエリアというのは、初めて訪れた時には、少々戸惑うかもしれない。

というのも、ホテルの敷地内はとてもきれいで治安もいいのだが、一歩外へ出ると、あまり人気がない上、町として開発されているわけでもなく、基本的にはホテルの中で楽しむように作られている。

海にも面しているし、レストラン等も完備されているので、リゾートとして楽しむにはわざわざ外に出る必要がないが、ホテル代は奮発したものの、食費は節約したいと思って他のレストランに行こうとしても、周りにはほとんど何もなかったり、夜になると真っ暗だったりするので、そこら辺は気を付けておきたいところ。

この辺りも夜道を歩けないというほど治安が悪いわけではないものの、基本的には夜になったらタクシー移動をした方がいい。

さらに言うと、このマクタン島というのはかなり日没が早く、時期によっては夜6時ぐらいには既に暗くなるので、夕食をとりにいくのであれば行きも帰りもタクシーを使うというのが安全で安心な移動法ということになる。

なお、この辺りのエリアは、あまりタクシーが走っていないので、行きはホテルで頼んでもらって、帰りはレストランで呼んでもらうというのが、スムーズなところ。

もちろんレストランのロケーションによっては、帰りのタクシーをわざわざ呼んでもらわなくても、道で拾える場合もあるが、そこら辺は入店時に確認しておくと便利。

一度店を出てから、また戻ってお願いするというのは少々気が引けるところだし、時間も無駄になるので、交通量やタクシーが走っているかどうかということは、行きの段階で確認しておいた方がいい。

こういった基本的なところを押さえておけば、1人旅であっても安心して動き回れる程度には、マクタン島の治安はいい。

なお、マクタン島にも野良犬が多数いるが、基本的にはおとなしいし、噛みついてくることはもちろん、吠えることもあまりないので、そこまで危険ではないものの、やはり見かけると不安を覚えるものだし、一般的に野犬は昼間よりも夜に凶暴化する傾向にあるので、そういった意味でも夜道を歩くのはお勧めできない。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ