電子書籍プレゼント

セブのチョコレート専門店MAITRE CHOCOLATIERは予想の斜め上を行く



チョコレート専門店でケーキやスイーツを食べるのは普通だが、MAITRE CHOCOLATIERはすべてのメニューにチョコレートが使われていると聞いて、そのコンセプトに興味をもった。

セブのアヤラモールの地上階にあるMAITRE CHOCOLATIERは、店先に並んでいるチョコレートケーキのショーケースがとてもおいしそうで、以前にも入ってみたことがある。

しかしこのときに食べたのはケーキだけで、料理は注文しなかった。

最初の時にはカフェに用意されている食事のメニューくらいにしか思っていなかったので、あまり気にもとめていなかったが、知人からこの店の料理にはすべてチョコレートが含まれていて、かなりこだわっているということを聞いた。

その噂を信じて改めて行ってみると、確かにメニューにどのようなチョコレートを使っているか、細かく書かれていて、なかなか興味深かった。

ということで、まずはホワイトチョコレート入りのパンプキンスープを注文してみた。

MAITRE CHOCOLATIERのパンプキンスープ

てっきり隠し味的に使われているだけかと思いきや、一口目からホワイトチョコの甘さがかなり強気に主張してくる。

ただし甘ったるいだけではまずいと思ったのか、スパイシーに仕上がっているので、口に含んだ時の甘さと後味の辛みとがうまい具合にバランスがとれている。

このパンプキンスープはかなり小さめの器で出てくるが、あまり大きいとおそらく飽きてしまう味なので、ちょうどいい量なのだろう。

つづいてパスタも頼んでみたのだが、こちらボロネーズというか、ひき肉の上にパスタが乗っているタイプで、カカオ70%のチョコレートを使用していると書いてあった。



しかしながら、私の記憶にあるカカオ70%のチョコレートよりも、むしろこのひき肉とソースの部分のほうがより甘いような感じがした。

パンプキンスープからこの甘いパスタは、流れとして良くなかった。

甘すぎて飽きる。

流れが悪いというか、ことパスタに関しては、単体でも個人的にはあまり趣味ではないという結論に至った。

そして甘味に耐えながらとりあえず完食すると、もうすでにケーキをデザートとして注文する気力はなくなり、もうとりあえず甘いものはいらない気分になっていたので、会計を済ませて店を後にすることにした。

MAITRE CHOCOLATIERにはケーキの他にも板チョコ等の物販もあるし、さらにいうと当然ながら甘い飲み物、例えばホットチョコレート等も用意されている。

チョコレート好きには天国のように思えたが、さすがに料理に甘い飲み物を合わせるのは、あまりにもしつこすぎるというか、糖分の摂りすぎで気分が悪くなってしまいそうな感じがした。

ランチでこの店の食事をとったので、その日は一日甘いものを食べる気分にはなれず、むしろ夜にはしょっぱいものがほしいと思って、同じくアヤラモールの4階にあるスイートルームでサーフ&ターフという串焼きの牛肉やエビが、サイドディッシュのサニーサイドアップやマッシュドポテトと一緒に出てくる料理を頼むことにした。

個人的にはこのMAITRE CHOCOLATIERのケーキは絶品だと思っているが、料理に関してはあまり合わないかもしれないというのが今回の率直な印象。

MAITRE CHOCOLATIERにはもっともいろいろなメニューがあるので、今回の件だけで決めつけるつもりはないが、あまりランチやディナーでリピートしたいとは思わなかった。

今後はケーキを食べにいく店として、時々通いたい。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ