フィリピンのコンドミニアムの所有権には期限がある場合も




フィリピンのコンドミニアムなら外国人でも所有できるが、
60%以上はフィリピン人が持つ必要がある。

このハードルさえクリアすれば、
法的に確かな権利を得ることができる、わけではない。

このへんが海外で不動産投資を行ったり、
持ち家を購入する時に厄介な所。



たとえば、あるコンドミニアムは所有権に期限が設けられている。

バギオのキャンプジョンヘイやスービックを含む経済特別区では、
開発から起算して50年に期限が限定された所有権が設けられている。

この経済特別区においては、
土地の扱いが通常とは異なり、
政府からの借地ということになっている。

そのため、50年たった段階で返す必要がある。


50年の期限付き所有権ということだが、
借地権との違いがいまいち分からないことになる。



そんな場所には不動産を買わないと思うかもしれない。

フィリピン全土ではなく、上記はあくまでごく一部の話なので、
たしかにあまり関係ない話かもしれない。



ただし、他にも問題がある。

デベロッパーが50年間の借地契約を締結して
コンドミニアムを開発している場合があるが、
この場合にも所有権は50年で消える。

日本だと土地も建物も独立した不動産だが、
フィリピンだとあくまで土地が優先で、
建物は付帯するものという考え方。


そのため、土地の借地権が消えると
コンドミニアムの所有権も同時に消滅する。



そして、フィリピンのコンドミニアムは、
建物の形式と登記が必ずしも一致しない。

見た目はコンドミニアムでも、
登記上そうなってい場合もあるので、
そうなると外国人は買えないことになる。



まともな不動産会社ならこうしたことはフォローしてくれるし、
よほど悪質な相手がだまそうとしてこない限りは
知らなくても問題ないことには違いない。

しかし、フィリピンでコンドミニアムを購入するなら、
こうした落とし穴があることぐらいは知っておいた方がいい。


まして、現地にノミニー(名義を貸してくれる人)を立てて
気軽に不動産投資なんてしてしまうと、
相手に取られてしまうことがある。

これは実際に存在するケースなので注意が必要。



同様に、フィリピン人と国際結婚して相手名義で不動産を買ったら、
離婚した際に不動産も取られたという話もある。

こうした面で外国人は不利な立場に追いやられることになる。



別にフィリピンで不動産を買うのが悪いわけではないし、
私もセブにコンドミニアムを購入した。

ただ、色々と注意しなければいけないのは間違いない。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ