フィリピン航空とLCCのセブパシフィックが大差ない件



通常であればナショナルフラッグである航空会社と、格安航空会社であるLCCでは料金面やサービスの面で大きな違いがあるというのが一般的。

イメージとして言えば、JALやANAとピーチ航空・バニラエアのようなもの。

こういったところでは、当然価格がナショナルフラッグのほうがはるかに高く、そしてサービスの品質も優れているというのが一般的な認識。

しかしながらフィリピンにおいては事情が少し違い、ナショナルフラッグであるフィリピン航空とLCCであるセブパシフィックの間には価格の間に大差がなく、サービスの品質においても大きな違いはないとされている。

確かに細かな違いはあって、フィリピン航空であればちょっとした間食というか、ドライフルーツであるとかその程度は配られたりするものの、それ以上の違いというのがほとんどないというのが現地に住んでいる人たちの一致する見解。

そしてマニラとセブを結ぶ航空便の金額を調べていると、時期によってはほぼ同じ金額になる。

つまりそれだけフィリピン航空が安いということも言えるし、逆に言えばセブパシフィックというのが、いまいちな営業努力しかしていないということも言える。

さらに言うと、セブパシフィックはフィリピン国外に向けての航空便というのが非常に少なく、しかもインターネットでの予約が画面の操作性が低いために、なかなか利用しづらいという現実がある。

そのため私もあまりセブパシフィックは活用したことがない。

例を挙げると、セブとバンコクの間には直行便がありそうなものだが、残念ながら就航していない。


東南アジアのLCCといえば、エアアジアとタイガーエア、scootが一般的で、私もこの3つの会社には頻繁にお世話になっている。

それに対して、セブパシフィックは金額が安そうな便があったとしても、具体的な日付けで見てみると、ほとんど空いている便がなかったり、あるいは空いている便も高額になってしまったりすることが多い。

そうなってくると、なかなか使い勝手が悪いというのがこれまでの印象だった。

しかしながらフィリピン航空がこれだけ価格を下げて努力しているのであれば、あえてセブパシフィックを無理に使う必要もないというのが最近思っているところ。

とくにマニラからセブに行くような場合であれば、フィリピン航空を使って行ったほうが良いのではないかという気さえしている。

航空便というのは各国の思惑が入り乱れるところで、利益も大きな業界だけにそれぞれの国が主権を握らんとして激しい競争を繰り広げている。

たとえばタイガーエアはシンガポールの資本だし、エアアジアはマレーシアの資本。

それ以外に海外の中でもアジア圏内と言えば、ジェットスターも大きな勢力として君臨している。

ジェットスターは、元々はオーストラリアの資本であるものの、東南アジアにおいてもさまざまな国で航空便を用意している。

それに比べると、フィリピンのセブパシフィックはすでに激しく出遅れた感があって、今後も競争においては不利な状況を戦わざるを得ない。

こうなってくると、もしかしたら数年以内に淘汰されてなくなってしまうのではないかという気さえする。

現に国内であってもナショナルフラッグと差別化ができない状態ということを考えると、その状態でどれだけの収益をあげられるのかというのはかなり謎。

もしかしたら過去の航空会社としてセブパシフィックを懐かしく思う時代が、そう遠くない未来にやってくるのかもしれない。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ