電子書籍プレゼント

フィリピンの携帯代は高い



私がフィリピンで使っているのはglobeという通信会社で、本来であればテザリングができる機能のついたSIMを購入した。

持っているiphoneはマレーシアで購入したもので、元々SIMロックのかかっていないもの。

そのため、マレーシアのSIMを外してフィリピンのグローブのSIMを入れればそのまま使う事ができる。

残念ながらSIMを購入した店の手違いで、私の使っているiPhoneではテザリングはできない事になったが、一般的な通話やSNSを送る事は普通にできる。

ただし、フィリピンのインフラはまだまだ未熟なところがあるため、利用するのに料金がかなり高額になる。

電話にしても同じ事で、1〜2分話していると百円くらいの料金は普通にかかるので、むしろ先進国よりもこういった部分の費用は高い。

インターネットも同様で、私はPLDTという会社の回線を引いているが、こちらは月額一万円以上する。

その分スピードが速いものの、やはりADSLという事を考えれば一万円という金額は日本と比べても三倍から四倍程度する。

日本であれば価格.com等の割引を使う事によって最初の一年であれば月に千円とか二千円程度で使う事もできるので、それに比べるとフィリピンの物価が安そうというイメージとは裏腹に高い。


固定料金は不要

携帯電話の料金に関して言うと必ずしも悪い事ばかりではなくて、このglobeという会社のSIMを使うには毎月の固定料金はかからない。

つまり、使った分だけお金がかかるシステムなので、例えば、一ヶ月〜二ヶ月使わないのであれば、お金を入れておかなければ料金は発生しない。

料金を入れない期間が長くなって数ヶ月になると、契約が終了になって電話番号が使えなくなってしまうので、何ヶ月もお金を入れないのは危険なものの、一ヶ月や二ヶ月くらいであれば問題はない。

実際、私も電話を普段使う事はほとんどなく、連絡はメールかスカイプで行っているので、基本的にお金を入金しておいても、それを使い切る事はほぼない。

その結果として、例えば一ヶ月ぐらいの使わない期間があると、デポジットで入れた分のお金は無効になってしまう。

これは消滅してしまうお金なので、globe側に取られている事になる。

という事で、使う時だけセブンイレブン等に行って必要な金額をリロードして、使わない時にはそのまま放置するというのが私がとっている方法。

その結果として、月の金額に直すと、数百円とか全く使わない月であれば0円という場合もある。

こういった事を考えると、通話料は日本の携帯電話各社よりも明らかに高いものの、使用しない人にとっては結果的に格安になるサービスとなっている。

特に日本に電話をかけるような時であればスカイプを使うわけなので、別にグローブの携帯電話からかけるという事はない。

そういった意味で言うと、結果的にスマホの通信費用は安く抑える事ができている。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ