電子書籍プレゼント

フィリピンのハロウィン事情をマニラで見てみた


9月の終わり頃から、フィリピンではハロウィンを通り越して
クリスマスの準備が始まった。

気の早い話だが、毎年のことらしい。


明らかに装飾がクリスマスのものだし、
マニラで見るハロウィンの飾り付けはおもちゃ屋とか
ごく一部のモデルルームでされているぐらい。

このままスルーしていくのかと思っていた。



しかし、10月31日まで1週間を切る頃になったら
一部のレストランがハロウィンを意識した
蜘蛛の糸やカボチャの顔の飾り付けをするようになった。

そしてフィリピンでも10月30日と31日はハロウィンが
かなり幅を利かせているらしく、
小さな子供たちが仮装しているのを見かけた。

見た限りでは5歳未満の子供たちが仮装の主役で、
ショッピングモール等でピーターパンやスパイダーマン、
魔法使い等の様々な衣装を着た子供がいた。


フィリピン人はパーティー好きということで、
ハロウィンの夜に大人も集まってパーティーを開いたりするらしい。

とは言え、街中で大人がコスプレをしたり、
仮装をしているのはほとんど見かけなかった。

カナダやアメリカはリアルな特殊メイクを顔に施し、
ゾンビになりきっている大人が多数いた。

ハロウィンをニューヨークで過ごした時には、
地下鉄内が世紀末の様相を呈すほどに(笑)。

その意味ではフィリピンは雰囲気が違うし、
日本でも最近は渋谷等でハロウィンが盛り上がるらしいが
フィリピンとは空気感が違いそう。


ちなみに、ハロウィンの翌日はフィリピンの休日。


現地の人に聞いたところ、
このAll Saints Day(オールセインツデイ)という祝日は
日本で言うお盆のようなものらしい。

ハロウィンは本来10月31日の深夜12時を過ぎたところで始まり、
暦の上では11月1日に当たる。

そのため、11月1日が休みになっているという話だった。


どうやら、思っていたよりも
フィリピンではハロウィンが根付いていたらしい。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事