電子書籍プレゼント

マレーシア各地で火の手が上がる


マレーシアに暮らしていると、年に何度か目にする光景がある。大量の札で焚き火のようなことをしている人々。最初は中華系の祭典かと思ったが、マレー系もやっているようだ。



主にカフェや飲食店等個人経営の店先でやっているのだが、今日もそんな光景を目にした。街中で火の手があがり、煙が上がる。かなり不思議な光景だ。時間は特に決まっているわけではなく、昼間に燃やしているところもあれば、夜にやっていることもある。

ということで、今日は何か特別な日らしい。と言っても、マレーシアにおいては各人種ごとに特別な日があるので、もはや内容を突き止めようとも思わず、淡々と燃え盛る札を尻目に目的地のスーパーに向かった。

なお、このような風習は中華圏においては頻繁に目にする。たとえば台湾を縦断した時には、台北や台南で見かけた。

ベトナムでは旧暦の毎月1日と15日において冥金を燃やすというし、似たような文化が広まっているのがうかがえる。

明日の朝食の果物に、マンゴーかキウイでも買って帰ろうと思っていたのだが、どうやら店員が少ないらしくレジが長蛇の列になっている。マレーシアにあるジャスコは祝祭日でも営業しているのは嬉しいが、特別な日には店員が露骨に減る。とりあえず、面倒なので今日は買い物を止めて家に帰ることにした。

マレーシア人の習性として、混雑していても基本的に店員は急がない。どこ吹く風でマイペースを崩すことなく、ある意味でストレスの少ない労働環境なのだろうと思う。半分の給料で働いてくれるフィリピン人の方が、店の状況に合わせてキビキビ動いてくれる。

そんなわけで収穫もなしにコンドミニアムへの帰路についたが、行きも帰りも、とにかくそこら中で札が燃えていた。ちなみに、温暖化の問題もあり、こうしたことは止めようという動きもあるらしいが、なかなか実現には至っていない。



伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事