子供を育てる安全な環境|海外移住のメリット




日本にいれば、自分の環境を安全だと正当化しなければならないが、世界から見れば日本は放射能の不安が消えない国。情報を隠蔽し、わざわざ瓦礫や土砂を全国にまき散らしている政府を信頼出来るはずもない。

しかも、空気や水を介して放射能は全国に広がる可能性があるし、食品の流通によって遠く離れた地でも安心して暮らせない。外食の際、すべての食品の産地を確認することなど不可能なのだから。

そうした環境において、子供を確実に安全な状態で育てることは困難になる。20年、30年経った後、特に問題なく健康に過ごせているかもしれないし、そうではないのかもしれない。それは、現在の時点では何とも言えない。

ただ、より安全な環境で子供を育てたいと思うのであれば、あえて日本にとどまる必要はない。事実、子育てのために海外へ移住する人もいる。

問題なのは収入。海外に移住したところで、生活費を確保できなければ路頭に迷う事になるが、日本国内に仕事を持っているサラリーマンにとって、移住は失業を意味することになる。

収入を得ながら海外移住をするのなら、現地で起業や就職する、場所にとらわれないインターネットビジネス等を行うといった選択肢がある。私の場合には後者に当たる。

どちらにしても、子供自身は未来を選べないし、健康状態に異常を抱えることになったとしても、それは大人になってから改善できるとは限らない。

周囲には日本から出られない、あるいは出たくない人が大勢いるわけなので、そっちの意見に耳を貸してしまう気持ちは分かる。

しかし、将来において子供に胸を張ってどんな理由で生活環境を選んだのかを説明できる生き方をしてほしいと思う。それは親の務めだと思うし、健康状態に問題が残ったりすれば、何よりも後悔することになるのだから。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ