電子書籍プレゼント

ルーマニアのアラドとティミショアラには行かないことにした



ブカレストから始まったルーマニアの旅は、ブラショフ、シギショアラ、シビウときて、この後アラドに行く予定でいたが、ティミショアラという町の方が次のハンガリーへの接続がいいのではないかという案も浮上した。

地図で見る限り、アラドの方が北側にあるし、ハンガリーの中で最初に訪れる町として、想定していたデブレツェンからも近い。

逆にティミショアラは、デブレツェンにしろあるいはブカレスト等の町にしても、南に行きすぎて離れてしまうので、単純な距離の上ではマイナスになる。

しかしながら、鉄道移動を前提にした場合、直線距離のみを参考にしても意味がないので、そこら辺の接続について色々と考えてみた。

調べてみた結果としては、どうやらデブレツェンへの適当な便が見当たらず、次に考えたのはハンガリーのエゲルに行くことだった。

あるいはホルトバージでもよかったが、どちらにしてもなかなかしっくりくるルートが見当たらず、結局はブタペストに一旦行ってから、気が向いたらエゲルに立ち寄るのが妥当という結論に至った。

この結論を出したのは、シビウの駅の切符売場でのこと。



英語が通じるルーマニア

ネットでの情報には限界があるし、必ずしも最新情報だあるとも限らないので、駅の窓口で聞いてみるのが最も確実。

こんな時ブルガリアであれば、英語が通じないのでどうにもならないが、ルーマニアの場合はそんなことがないので、プロに質問してみた方が確実な答えがわかるだろうということで、シビウの旧市街を抜けて、再び昨日降り立ったばかりの駅に戻った。

そこまでの調べで、アラドやティミショアラに行くよりは、もうシビウからダイレクトでハンガリーに行ってしまった方が良さそうだったので、まずはエゲルに行く便があるかどうかを聞いてみた。

その結果、直行便はなく、どこかで乗り換えざるを得ない。

しかも乗り換え駅の候補にブダペストを含んでいたりするので、それであればとりあえずはブダペストまで一旦行って、そこからエゲルに移動するとか、そういったルートを通った方がいい。

この場合、一度大きく西に振れてから、東に戻るということで、ブーメラン状の動きをすることになり、移動の効率は悪いのだがやむを得ない。

そんな事情があったので、エゲルに立ち寄ることもとりあえずは諦め、行くかどうかはブダペストに行ってから決めることにした。

何しろハンガリーという国自体が、10年ほど前に1回訪れただけな上、その時にはブダペストに数時間滞在しただけなので、今がどんな国なのかはっきりとしない。

そこで現地を訪れてから、首都以外の街も周りたい国なのかどうかを判断することにした。

今回のシビウとブダペストの移動は所要時間が長く、8時半出発で17時50分着ということで、9時間20分におよぶ長旅ということになる。

なお、乗り換えはなくて直行便。

さすがにルーマニアの国内便とは違って、金額もそれなりにして、175レイということだった。

日本円に換算すると、約5千円。

日本の感覚で言えば全然安いように感じるかもしれないが、ブルガリアやルーマニアの国内移動が違和感を覚えるほど安く、基本的に3時間電車に乗っても、千円いかないのが標準的だったので、その感覚からすると割高に感じた。

どこで過ごすかによって、物価の感覚がだいぶ変わってくるものなので、一瞬驚いた後で、日本円に換算して冷静に考えてみると、大した金額ではないことがわかり、駅の窓口でクレジットカードを使って決済して、2日後のチケットを入手した。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事