ライアンエアーを使う時の注意点



ヨーロッパのLCCの先駆け的存在でもあり、未だに圧倒的な存在感を誇っているのが、ライアンエアー(Ryanair)という航空会社。

この会社のフライトを使う際には色々な注意があって、一筋縄ではいかないところがある。

まずは、できれば1ヶ月半ほど前には、予約をしておいた方がいいということ。

アジアのLCC、たとえばエアアジアやscootの場合、前日とか当日というところまで直前にならない限り、それほど事前に予約しておかなくても、あまり料金が変わらないことが多い。

これに対して、ライアンエアーやヨーロッパのLCCの多くは、一週間前とかそのくらいになってしまうと航空券が非常に高く、底値で買いたいということであれば、1ヶ月〜1ヶ月半ぐらいの期間を見て、予約をする必要がある。

その為、行きあたりばったりの旅の場合には、かなり割高の費用を払わなくてはいけない。

実際、私が予約をしたダブリンからリスボンの便とか、マドリッドからクラクフまでの便というのも、必要以上の経費を払ってしまったことになる。

これは事前にどこへ行くか決まっていなかった為で、ある部分では仕方のないところ。

逆に言うとヨーロッパの旅というのは、しっかりと事前に計画を立てておいた方が、合理的ということになる。

特に人気路線ほど価格が上がり始めるタイミングが早く、マイナー路線ならフライトから2週間ほどになっても底値に近い価格で買える場合もある。

そのため、同じライアンエアーでも、ロンドンからバルセロナの路線とフランクフルトからスペインのマラガへの旅なら、前者の方が早めにチケットを確保しておきたいところ。



ライアンエアー利用時の注意点の二つ目としては、以前とは席に関する条件が変わっていて、全席今までは自由だったのが、全て指定席に変わっている。

もともと有料で指定することはできたものの、それ以外は自由席になっていたので、事前に列をなして少しでもいい席を取ろうと並ぶ光景というのがライアンエアーの特徴的な光景だった。

こういった風習というのは、アジアのLCCでは見られないところで、エアアジア、タイガーエア、scoot、セブパシフィック、ベトジェット等を使っても席はチケットカウンターで発給されるチケットに刻印されている。

この点に関して、ライアンエアーについても今は自動的に席が割り振られるようになったので、わざわざ事前に到着しておく必要がなく、ちゃんとフライトに間に合うように行けば問題がない。

列に早く並ぶメリットはなくなった。


更にもう一つ変更があって、今までだとライアンエアーというと、機内持ち込みの荷物が1つまでという厳格なルールがあった。

これはイージージェット等の他の航空会社については、未だに残っている規定。

これに対してライアンエアーは、2014年から2つの手荷物まで持ち込み自由ということになっているので、この点に関して言うと、利用者にとってはかなり規制が緩和されたことになる。

実際問題として、スーツケースやバックパック1つではなくて、それ以外にちょっとした買い物をしたビニール袋を持ってるとか、あるいは手で提げるような小さなカバンを持っているとか、そういった人は多いと思うし、実際に私もパソコン等を入れるカバンというのは別に持っていたので、これは非常に助かった。

過去の情報を見ると、1つしか持ち込みが出来ない上、二つバッグがある場合は、それを片方にまとめるように強く言われるとか、もしくは追加料金を支払うことになるということだったので、この辺はかなり改善されているところ。

ライアンエアーもそこまで歴史が長いわけではないので、今後もこういった変更というのは、ちょくちょく起こっていくのではないかと思う。

それに伴って、使い勝手というのも変わってくるはず。

今回の手荷物が2つになった件というのは、他のヨーロッパのLCCの先駆け的な存在になって、他社も追随してくるのではないかと思う。

そうなってくると、ヨーロッパの空の旅がますます便利に変わってくる。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ