オビドスからナザレへバスで移動する方法




ポルトガルのオビドスを出て、長距離バスでナザレまで移動してきた。

ネットで色々調べても情報は出てくるものの、かなり古かったり、信頼性が低かったりしたので、実際にバスターミナルに行って聞いてみることにした。

オビドスのバスターミナルというのは、城壁のすぐ外にある。

この近くにレストランもあったので、そこで食事をした帰りに、ナザレ行きのタイムテーブルについて聞いてみた。

なにしろ小さな村なので、ちょっとした散歩の感覚で確認に行けるのが便利なところ。

まず最初に聞いたのは、平日に行く場合に何便あるかという話で、ナザレ直通のバスの場合は1日2便で、一つは9時台で、もう一つは午後の5時台ということだった。

しかしながら、Vila InfantaやPoco dos Saboresは食事が美味しいのはもちろん、雰囲気も独特でオビドスの居心地がかなりよかったということもあって、The Literary Manホテルでの滞在を延期していったため、結果的に日曜日に移動することになった。

そう言えば、マカオでもエッグタルトの名店に連れて行ってもらったことがあるが、パステル・デ・ナタはその元祖とも言える存在で、オビドスではチョコの器に入ったチェリー酒のGinjaと共によく口にした。

オビドスには結局5泊することになって、すでに飽き飽きとして去っていくというよりは、更にもう一泊か二泊増やしてからそこを去るか、それともこのまま次の町としてナザレに行って、他の町を見ていくか、ということをかなり迷っての決断だった。

更に言うと、ナザレはホテルの場所というのをなかなか決められず、かなり行くのが億劫なところがあった。

というのも、ナザレの空きホテルはハイシーズンとは言え残っているものの、バスターミナルの位置が調べても出てこないので、ホテルを下手な位置で取ってしまうと辿り着くのが大変なため。

そんなこともあって、だらだらとオビドスにいた結果として、日曜日に移動する場合、直通の便が1本しかないことがわかった。

午前中の便はないということなので、必然的に夕方に発つことになる。

そして、そのバスターミナルのところにバスがやってくるわけではなくて、バスターミナルから少し降りたところに来るということだったので、ほとんど何もない通りで待つような感じになった。

結果的にはナザレ行きのバスを待つ人が何人か集まってきたので、どうやらここで合っているらしいということはわかったが、特に目印らしいものがあるわけではないので、そこの部分はかなり不安を覚えた。

そして、やってきたバスでナザレに行くか聞いてみたところ、行くというので乗ったが、これは直通ではなくて、どこか別の場所を経由して行く形になった。

事前に調べた限りでは、この経由して行く形であれば、1日に何便も出ているので、この時間である必要性はなかったが、それについてはどちらでもいい。

ただ問題なのは、途中の町を経由する際に、非常に込み入った道を進むために、何度も曲がったり止まったりするので、かなり車酔いをしてしまった。

リスボンからオビドスについては、全く酔うことはなかったものの、このオビドスからナザレへの道の途中というのは、かなり気持ち悪くなり、その部分に関してはかなりきつかった。

おそらく直通のバスであれば、高速道路等を真っ直ぐ進む割合というのはもっと多いはずなので、やはりそちらに乗るべきだったのだろうかということは、若干後悔するところ。

しかしながら、1時間ほどで無事にナザレに到着することができ、そこで現在地を確認して、ホテルを探すことになった。

これならポルトガルに移住したら、リスボンの住みながらナザレへ遊びに来るのもあまり体力的に負担にならない。

この時期のポルトガルというのは、非常に日が長いので、ナザレに到着したのが夕方の6時ぐらいであっても、まだまだ太陽は昇っていて辺りは明るい。

その点は、初めてついた町が夕方の時間帯になっていても助かるところ。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ