電子書籍プレゼント

サイパン移住が候補から外れた理由


南の島での海外生活ということで、ハワイとグアムと並んで、サイパンへの移住というのも憧れる人が多い場所の一つ。

ウィングビーチ

私自身もこの島に住むことについては、選択肢の一つとして考えていたことがある。

これまでフィリピンとマレーシアに住んでいたので、温かい場所に住むのが、いかに体にとって負担が少ないかということや、季節に合わせた服装を揃える必要がないので、荷物がコンパクトになり、クローゼットなどの収納のスペースが余分に確保できるだけではなく、また別の場所に住みたいと思った時にも手軽に移動することができるということを、メリットとして感じている。

以前にフィリピンのセブ島に1ヶ月ほど滞在することもあったし、南の島の生活というのは、ある程度リアルにイメージすることができるようになった。

サイパンの場合移住をしても、日本からの距離はそれほど離れず、直行便であればだいたい3時間ぐらいで行くことができ、時差も1時間しかないので、日本側と連絡を取ったりをするのも、あまり大きな負担がない。

これであれば、アジアにいるのとそこまで感覚的には変わらない。

もちろんサイパンはアメリカの一部のため、ビザはアメリカの管轄になる。

個人的にはあまり開発されすぎていないというか、都会の喧騒のようなものがないというのが、サイパンの魅力だと思っている。

海の透明度や綺麗さも、もちろん世界の中でもトップクラスだし、これだけリゾート地として観光客を集めているので、食べるのに困るとか、遊ぶところが不足しているとか、そういったことはない。


食事の面は?

本場のチャモロ料理だけではなくて、それ以外にも様々な国の食文化が入ってきているので、そこら辺のバリエーションは、1年や2年移住生活をしても、飽きる心配はなさそう。

このチャモロ料理の場合は、フルーツバットというコウモリや、ヤシガニを以前は使っていたが、最近では個体数が減少してきたこともあって、口にする機会は少ないという。

残念ながら、コウモリを食べたいという気持ち自体があまりないので、これについてはどうでもいい。

普段の買い物に使う場所としても、ABCストアであったりとか、ジョーテンスーパーストアとか、ジョーテンショッピングセンターとか、ハファ・ダイ・ショッピングセンターとか、いくつかショッピングセンターがあるので、そういったところで基本的な生活用品を入手することが可能。

もし仮にサイパンに住むのであれば、こういった場所からどのように移動できるかという利便性の部分も考えて、コンドミニアム等を借りる必要がある。

というのも、基本的にサイパンの中での移動は車に頼ることになるので、あまり離れている場所に住んでしまうと、利便性という部分でかなり面倒なことになる。


移住で必ず問題になるあの問題

現実的にサイパンに移住するということを考えた場合に障害になるのは、アメリカに住むためのビザが必要になるということ。

ここで多くの人が連想するのはグリーンカードだが、抽選で得るのは確率論的になかなか難しい上、いつ取れるかという期限が明確にはわからない。

さらにもっとも問題なのは、アメリカは属人生の税制を取っている国のため、グリーンカードを取得することによって、サイパンに住んでいる時はもちろん、それ以外のまた別の国に移住をした後も、アメリカから課税をされ続けるということになる。

特に縁もゆかりもないアメリカに対して、一生税金を貢ぎ続けるのは愉快なことではないし、そこでかかるコストは莫大なものになる。

なにしろ、標準的な人にとって一生でもっとも大きな支出の項目は、家賃でも食費でも教育費でもなく、税金と言われるほどなので。

そう考えてみると、グリーンカードを抽選で得ることができるチャンスがあったとしても、むしろそれを放棄するぐらいの方がよほど賢明なのではないかと思う。

もちろん今後一切働かないとか、リタイアメントをするということであれば、グリーンカードを取得してサイパンに住むという選択肢も有りだとは思うが、現役世代が下手に取得すると、ろくなことにはならない。


物価の面から考えると・・・

税金やビザの問題もあるし、サイパンは物価が安い国では決してない。

ハワイに比べれば割安感はあるものの、それでも東南アジアのビーチリゾートに比べるとまだまだ高く、さらに言うと、東南アジアの中にも秘境のようなリゾートはいくつか見つけることができた。

そういったところの方が、物価のことを考えたり、あるいは治安や利便性ということを考えても、費用対効果が高いと最近は考えている。

たとえば、以下の写真は先日訪れたベトナム・ホイアンのアンバンビーチのもの。

アンバンビーチ

さらに言うと、フィリピンの一部のリゾートであれば、もうすでにクオータービザという永住権を持っているので、新たにビザを取る必要もなく、これから先面倒な手続きを強要されるようなこともない。

つまり、すでに住んだセブの他、ボラカイやパングラオ等のリゾートならビザの問題が解決済みだし、サイパンに比べても海の透明度は劣らない。

そう考えると、アメリカの一部であるサイパンよりも、むしろフィリピンであるとか、東南アジアの一部のリゾート地の方が南の島としても魅力があるし、そもそも生活の場として、ビーチの近くであるとか、透明度の高い海の近くであっても、そこまで頻繁に使うものでもない。

別に毎日泳いだりもしないわけだし、私はダイビングとかヨットとか、そういった趣味もないので、基本的に海は眺める程度。

そう考えてみると、別にわざわざ住環境として取り入れなくても、たまに旅行に行くぐらいで十分というのが、南の島との適度な距離感だと思っている。

そう考えてみると、サイパン移住は悪い選択肢ではないものの、ビザというハードルを越えてまで実現する価値があるとは思えずにいる。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ