フィリピンで総選挙により飲酒が禁止される


ランチを食べにリトルトーキョーに行ったら、
店内にこんな貼り紙がしてあった。




統一選挙中は基本的に飲酒禁止らしい。

ただし、この店は外国人向けの免許があるので、
日本人に対してのお酒の提供は可能であると。

フィリピン国籍の人に対しては、
やはりお酒は出せないそうだ。

どうも選挙に伴う小競り合いを避け、 治安維持を目的にしているらしい。



別に酒飲みでもないのでかまわないが、
そういう制度があるのは少し驚いた。

調べてみると、この禁酒期間、当初は45日の予定だったのが
4日に縮まり、その後に2日に変更されているらしい。

実際は12日・13日と日曜・月曜の両日だけになった模様。

当初の45日ってどこまで極端なのか(苦笑)。



そういえば、バンコクに行った際にも、
選挙期間だったため、
一定時間以降になると
アルコールの提供が一切禁止されていたことがあった。

時間制限ではなく終日禁止な分、
フィリピンの方がバンコクより厳重ということか。



日本では考えられないことだが、
酔って選挙がらみで揉めたりしないための対策らしい。

本来は選挙権のあるフィリピン人が対象なのだが、
判断のわずらわしさ等から基本的に種類の販売は控えられ、
飲食店でもお酒は飲めないことになる。

例外として指定された一部の店以外は。



南国のフィリピンは今日も暑い。

毎日がビール日和なのは間違いないので、
お酒を飲む週間がある人には、少しだけきついのかもしれない。

とは言え、
事前に買っておいて家で飲めば済む話ではあるが。

国によって不思議な制度があるものだが、
選挙でアルコールの販売が禁止というのも
日本とは違う特徴の1つ。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ