マニラで涼しい日が続く



年明け頃からマニラはめっきり涼しい日が続いている。

別に雨がふるわけでもないのに、
明らかに体感気温が違っている。

昼食を食べにグリーンベルトやリトルトーキョーに出かけた帰りも、
ほとんど汗をかかなくなった。

これなら最高気温が30度いかないのではないかと思ったが、
実際に予報を見るとその模様。

27度や28度といった最高気温が並んでいる。

どうやら私の思い違いではなかったらしい。

昼間の涼しさもさることながら、
夜も窓を閉めて寝ているのに布団がないと肌寒いことがある。

マニラで布団が活躍する日が来るとは・・・。

そんなわけで、完全にエアコン要らずだし、
とても過ごしやすい日々が続いている。

4月頃には気温が1年でもっとも高くなるので、
今よりも5度程度高くなるはず。

この涼しさも片時とは言え、
マニラに移住してきてからもっとも快適な気候。

1つ問題があるとしたら、
この気温ではプールで泳ぐ気にはならないということ。

最高気温が30度弱なので泳げないことはないものの、
水に入った時は冷たい。

泳ぎ始めたらすぐに体が温かくなるものの、
何だか足が遠のく。

ということで、
最近はプールの隣にあるゲームルームで
ビリヤードをすることの方が多くなった。

マニラを出るまでには気温も上がるだろうから、
その頃にはまたプールでくつろごうかと。
所要でBDO銀行にも行かなければいけないので、
近々訪問する予定。

タクシーを拾うのが面倒だが、
マニラで交渉無しで乗れることはまれなので、
気が進まなくても避けているわけにもいかない。

この交通インフラの弱さがマニラの欠点で、
バンコクやシンガポールに水を開けられている点。

ここをクリアするだけで、
東南アジアの中でも
外国人が住みやすい街になっていくのだが。

移動のたびにストレスを抱えなくてはいけないのは辛い。

しかも渋滞もひどいため、
予定していた時間に到着することも難しい。

どうにも生産性が上がりづらい街だ。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事