電子書籍プレゼント

マニラで涼しい日が続く




年明け頃からマニラはめっきり涼しい日が続いている。

別に雨がふるわけでもないのに、
明らかに体感気温が違っている。



昼食を食べにグリーンベルトやリトルトーキョーに出かけた帰りも、
ほとんど汗をかかなくなった。

これなら最高気温が30度いかないのではないかと思ったが、
実際に予報を見るとその模様。

27度や28度といった最高気温が並んでいる。


どうやら私の思い違いではなかったらしい。



昼間の涼しさもさることながら、
夜も窓を閉めて寝ているのに布団がないと肌寒いことがある。

マニラで布団が活躍する日が来るとは・・・。



そんなわけで、完全にエアコン要らずだし、
とても過ごしやすい日々が続いている。

4月頃には気温が1年でもっとも高くなるので、
今よりも5度程度高くなるはず。

この涼しさも片時とは言え、
マニラに移住してきてからもっとも快適な気候。



1つ問題があるとしたら、
この気温ではプールで泳ぐ気にはならないということ。

最高気温が30度弱なので泳げないことはないものの、
水に入った時は冷たい。

泳ぎ始めたらすぐに体が温かくなるものの、
何だか足が遠のく。



ということで、
最近はプールの隣にあるゲームルームで
ビリヤードをすることの方が多くなった。

マニラを出るまでには気温も上がるだろうから、
その頃にはまたプールでくつろごうかと。

所要でBDO銀行にも行かなければいけないので、
近々訪問する予定。

タクシーを拾うのが面倒だが、
マニラで交渉無しで乗れることはまれなので、
気が進まなくても避けているわけにもいかない。

この交通インフラの弱さがマニラの欠点で、
バンコクやシンガポールに水を開けられている点。

ここをクリアするだけで、
東南アジアの中でも
外国人が住みやすい街になっていくのだが。

移動のたびにストレスを抱えなくてはいけないのは辛い。

しかも渋滞もひどいため、
予定していた時間に到着することも難しい。

どうにも生産性が上がりづらい街だ。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事