電子書籍プレゼント

台北のホテル予約を見事に失敗


いつの間にか一週間後にはバンコク経由でチェンマイから台北に行く日付が迫っていたので、そろそろホテル予約をすることにした。

ということで、Hotels.comを使ってひとまず最初の3泊をChez Nous Hotelで予約してみて、それ以降は現地で様子を見ながら連泊するのか、それともほかのホテルに移るのか決定しようかと思っていたが、予約完了後にHotels.comから送られてきたメールを見てあることに気が付いた。

それは、本来予約するべき日の1か月後に日付を指定してしまっていたということ。

つまり今月分ではなくて、来月分の日付を入力してしまっていた。

すぐさまキャンセルしようとサイトにアクセスしたのだが、キャンセル不可の文字を発見した。

仮にキャンセルしても戻ってくるお金は0円らしい。

仕方ないのでChez Nous Hotelに直接連絡をして、日付を変更してもらえるかどうか交渉してみることにした。

当初予定していた日以外でも構わないので、台北にいる間に3泊ずらして宿泊できないかというメールを送ろうかと思ったのだが、Hotels.comには連絡先がなく、ホテルの名前で検索してもなかなかでてこない。

結論として、このホテルは独自にホームページを持っているわけではなく、メールアドレスが見当たらない。

booking.comやagoda、トリップアドバイザー等のホテル検索サイトが大量に出てくるが、それを一つ一つ見ていったところ、トリップアドバイザーにはホテルのメールアドレスがのっていたので、そこに連絡してみることにした。

Hotels.comにも予約後に届くメールにはホテルの電話番号があるものの、メールアドレスはないので、ここら辺は不便なところ。

ちょうど土曜日だったので、週末明けくらいに返信が来ればいいかと思っていたが、1時間も経たずにホテルからの返信は迅速に届いていた。

ここら辺はポーランドで以前同様の手続きをした時とは、全く別次元のスピード感だった。

しかしながら、そこに書かれていたことは、Hotels.comで予約をした場合、そちらに言ってもらわないとわからないということで、結局変更の手続きをするにもウェブサイト上では行えず、電話をするようにということだったので、スカイプクレジットを使って電話をすることに。

そして一度Hotels.comからChez Nous Hotelに対して連絡をとり、日付の変更が可能かどうか確認してくれるという事でしばらく待った後、空きがなかったので変更はできないものの、特別にキャンセルをしてくれるということだった。

Hotels.comのゴールド会員になっていたので、それが幸いしたのかもしれない。

そんなわけで、台北行きは先行き不安な幕開けとなってしまった。

しかもこれに加えて、台北行きのバンコクからのチケットは確認できているが、台北を出て大阪に行く航空券が見当たらない。

クレジットカードの履歴を確認してみたところ、以前にピーチ航空で予約していた履歴自体はあったので、おそらくメールを削除してしまっているのだと思うが、それを確認するためにピーチ航空に電話したところ、0570で始まるナビダイヤルのためか、スカイプクレジットでは反応しない。

香港の番号もあったので、そちらにかけてみたところ、接続後に3を押すと日本語で対応してもらえたので、その点にほっとした直後、今の時間帯はお休みさせてもらっているという自動音声が流れた。

朝の9時台だったのでまだ早かったのかと思い、昼食を食べに行く前にもう一度かけてみたが、同じメッセージが流れた。

香港と今いるチェンマイでは1時間の時差があるが、香港のほうが進んでいるので、この時間が営業外であるのは不自然。

そしてふと気づくと今日は土曜日だったので、どうやら土日はやっていないという推測が頭をよぎった。

確認してみたところ、どうやら国内のナビダイヤルも月曜日から金曜日の平日しか対応していないということなので、仕方なく月曜日にかけなおすことが決定。

昼食はAnchan Vegetarian Restaurantで食べてきた。

もうチェンマイでの生活も1週間を切ったと思うと、なかなか感慨深く、そして少々寂しい気がする。


どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事