電子書籍プレゼント

移住先としてのタイ




私はマレーシアに住んでいながら、実はタイの方が好きだったりする。

ただし、現在ではビザの条件が厳しくなり、リタイアメントビザが取れる50歳以上にならないと、簡単には住めない。

タイの魅力としては、人が優しいこと、食べ物が美味しいこと(日本食のレベルをマレーシアと比べても、明らかに違う)、首都バンコクならクアラルンプール以上の発展していること(個人的な感覚として)などがある。

バンコクは中心地からスワンナプーム空港まで1時間もあれば、電車でもタクシーでも行ける。

エアアジアは古い空港であるドンムアンを使っているが、こちらもアソック等の街中からの所要時間は同程度。

ただし、スワンナプームとは違って、電車のみではたどりつけないため、最寄り駅からはタクシーかバスを利用することになる。


バンコクは市内を走る地下鉄やモノレールもきれいだし、移動も楽。

東南アジアでトップクラスの和食の充実度だし、物価も安い。

タイと言えばASEANでは経済が発展しているイメージがあるものの、スタバ等のバイトの人件費を見ても、マレーシアの半額程度。

マッサージも1時間1,000円を切っていたりと、タイの物価の恩恵を受けることができる。


ビザの問題さえなかったら、真っ先に移住先として選んでいた国だろう。



バンコク以外の選択肢が多い国

今住んでいるマレーシアの場合、
今後住む場所の候補はクアラルンプールとペナンぐらいで、
基準をゆるめにしてもマラッカが入ってくるぐらい。

マレー料理がまずいこともあり、
外国人が暮らす環境が整っていないと話にならない。

そのため、マレーシアでMM2Hビザは取ったが、
実際に住む場所の候補は少ない。

それに比べてタイの場合、
日本人を含めて外国人が移住者・旅行者共に多く、
様々な街で便利な状況が整っている。

たとえば、バンコク以外でも
プーケット、チェンマイ、パタヤあたり。

他にもチェンライやシラチャー、アユタヤも
それなりになら利便性が確保されている。

あるいはラオスとの国境が近いウドンタニでも、
そこそこに快適な暮らしができそうだった。

1つの街にしか価値を感じないと、
その街に飽きたらビザが価値を失う。

複数の選択肢があって、
しかもそれぞれに居住地としての性質が違うのは理想的。

大都会のバンコク、
古都チェンマイ、
ビーチリゾートのプーケット、
静かな暮らしができるアユタヤやチェンライ、
といったように。

こうした観点で見ても、
タイは移住先として興味が尽きない。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ