今年からはタイ国内を転々と引っ越しか?


来月には台湾からタイに移住し、
バンコクに住み始める予定でいる。



すでに何度も訪れた国だが、
改めて5年のマルチプルビザを取得し
住み始める日が近づいてくると感慨深いものがある。

コンタクトを取ったビザ業者によると、
遠隔でもイージーアクセスの手続きは行なえ、
どうやら添付書類も日本に帰国せずに揃えられる。

わざわざ日本に警察証明を取りに戻ったり、
3ヶ月近くかけてタイの日本大使館経由で取り寄せる必要もない。

余計な手間やフライトを省けるので、
これは助かる。

期間としては3週間程度で、
事前に手続きが済んでいる場合には、
スワンナプーム国際空港でイージーアクセスの受け取りが可能とのこと。


さて、当初はバンコク暮らしを考えているが、
1年住んだ後の予定は未定。

パタヤやプーケットのように
海があって住みやすい街もある。

これがサムイ島やサメット島では
海がきれいでも生活に不向きという問題があるが、
パタヤ・プーケットなら3ヶ月程度の滞在も候補になる。

バンコクとパタヤの途中にあるシラチャーも
しばしの滞在ならありかもしれない。


海だけではなく、
もっと静かな街での生活を考えるなら、
チェンライという選択肢も出てくる。

北部の都市ではチェンマイが有名だが、
長方形の堀で囲まれた中心部は
騒がしい上に排気ガスで空気も悪い。

これならバンコクのほうが
交通インフラや各種の店が充実しているだけ
生活環境として優位性がある。

チェンマイの外れに住むことも考えて繰り返し下見をしたが、
いっそのことチェンライでもいい気がする。

ただし、こちらも3ヶ月程度が限度だろうか。

半年や1年という単位のロングステイには厳しそう。

ウドンタニへの移住も検討したことがあるが、
こちらは現地を見て強みを見つけられなかった。


仮にバンコクで1年暮らした後、
パタヤで3ヶ月過ごしたとする。

その後、再びバンコクでコンドミニアムを借りて1年、
続いてチェンライで3ヶ月。

またもやバンコクに戻って1年。

この時点で3年半が経過している計算になる。

5年のマルチプルビザの残存期間は1年半。

意外に5年という期間は短いような気もしてきた。


仮に5年経過後もタイに住みたいのなら、
再びイージーアクセスを取得する手もある。

この場合、今と条件が変わらなければ、
再び50万バーツを支払うことになる。

もっとも、ビザ事情がコロコロ変わる最近のタイを見ていると、
5年後に条件が維持されている可能性は
高いとは言えそうにない。


となると、1000万バーツを定期預金に入れて、
タイの投資家ビザを取得することにも妥当性を感じる。

特に5年を越えて住むのであれば、
戻ってこない払いきりの50万バーツを
2回も支払わなくていい。

もっとも、1000万バーツは死に金になるが、
3%台の利率なので
そこまで劣悪な条件というわけでもない。


そもそも、5年間というスパンで
日本以外の国に住むことが初めての体験。

マレーシアは2年、
フィリピンは1年4ヶ月、
台湾は1年の滞在だったため、
5年間は未知の領域となる。

その期間が過ぎる前にうんざりするのか、
もっと長居したいと思うのかは予想がつかない。


正確な見通しが立たない以上、
コンパクトにまとめておくのが基本。

生活はミニマムに近い状態で保っておいたほうが
フレキシブルに動くことができる。

となると、むやみに長期スパンで考えたくはない。

小さく実験をし、
修正をしていきたいので。


ただ、イージーアクセスと投資家ビザについては、
どちらも一長一短なので悩ましいところ。

とは言え、現状としてはイージーアクセスに
心はほぼ傾きつつある。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ