電子書籍プレゼント

マレーシアなら月20万円で手に入る生活水準



サラリーマン時代の給料、20万円。

毎日のパワハラの対価としては
あまりに安すぎた。

20万円を切り詰めて貯金しても、
引退など何十年先になるか・・・

長くは耐えられない日々を送りながら、
その先の生活も見えなかった。



今では当時の月収や年収とは
すでに桁が変わってしまったが、
基本的な生活費で言えば
当時の給料の範囲内に収まっている。

マレーシアに移住して生活コストが下がったことで、
月に15万円もあれば余裕のある暮らしができるのだ。

自炊はしないので全部外食だし、
ローカルレストランは飽きたので
日本食やイタリア料理が中心の生活。

現地では高めのレストランだが、
それでも家賃等含めて15万円は越えない。


もちろん、旅行に行ったりすれば
その分の費用は別途かかるものの、
南国で悠々自適に暮らしているだけなら
月15万円もかからない。

通いのメイドさんを雇っている友人によると、
月2万円ほどで雇えるらしい。

家族がいるなら、これも大きなメリットだろう。



気候は年中変わらないので、
コンドミニアムに付いているプールで
1年を通して泳ぐことができる。

プールサイドのデッキチェアでくつろぐこともできる。

近隣諸国に片道1万円以内で旅行もできる。

月20万円もあれば、
毎月近くの国に旅行に行く事だってできるのだ。


月20万円での生活を
東京で送れば大した余裕はない。

節約しながら暮らさなければ、
生きているだけで赤字になりかねない。

マレーシアに移住しただけで、
毎月お金が余りながら、
節約など意識せずに暮らせる。


私は移住を勧めてるわけではない。

マレーシアに住むのが
必ずしもベストとも思わない。

ただ、場所の自由・時間の自由を得ると
人生が大きく変わることを言いたいだけ。



単純にお金を追うだけの稼ぎ方をしても、
それが幸せな人生につながるとは限らない。

忙しさに追われるだけ、
人間関係や見栄の張り合いに疲れるだけの人もいる。

そうではなく、場所や時間・人間関係の自由を得ながら
収入を得ていくのが、
至高のライフスタイルだと私は思っている。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ