バンコクマダムを読んでタイの暮らしやすさを再認識した


バンコクでは10種類以上のフリーペーパーが発行されているが、そのひとつにバンコクマダムというものがある。

設定されているターゲットと私が性別のうえでも合わないのは承知の上で、手に取ってみた。

トンロー駅近くのフジスーパーに豆乳を買いに行った時に見掛けたので、その時にもらってきたのだが、バンめしや、DACOのようなフリーペーパーとは違い、バンコクマダムを手に取ったのは、今回が初めてだった。

これだけフリーペーパーが発行されている海外の街というのは少なく、私が今まで住んだセブやマニラでは、それぞれ2誌から3誌程度しか無かったし、ジョホールバルに至っては日本人が1000人程度しか住んでいないので、日本人学校はあってもフリーペーパーを見掛けることは一度もなかった。

こういった市場が成立していること自体、いかにバンコクに日本人が沢山住んでいるかということがわかるが、最近よく目にするのはシラチャーというエリア。

こちらは工業エリアとして、もうすでに4000人以上の日本人が住んでいるとか、その数は5000人や6000人に上るのではないかといった推測も出ている。

バンコクマダムの中にも、シラチャーの店は載っていて、CKMAというウォーターサーバーの会社であるとか、日本食材店であるサイトウフーズとかいった店がシラチャーに支店を構えたと掲載している。

ちなみにウォーターサーバーというと、マカティ在住時に苦労させられた記憶がある。

注文しても約束の時間に来ないということは当然のこととして、そもそも当日に配達されないとか、こちらからリマインドをかけないと何日たっても届かないことが多かった。

ただし、仮にバンコクに住むことになっても、この街の場合炭酸水が売っているので、結局ウォーターサーバーを使うかどうかというのは個人的にはかなり疑問だが、日本人向けの店が多ければ、まともなサービスが競争の中で生まれるだろうし、そういった切磋琢磨が行われているのは羨ましい限り。

他にもいくつか学習塾が広告を出していたりするが、一歩や、NOAH、あるいはMKセミナー、進学塾のMICのように子どもの学習環境というのも、良くも悪くも揃っているので、受験対策もしやすい環境にある。

そもそも受験勉強の是非ということはひとまず置いておいて、日本に近い暮らしができるというのは海外在住者としてはメリットとみるべきであろう。

そしてフリーペーパーとしては定番のレストラン情報もあるが、こちらはバンコクマダムという名の通り、やや有閑層というか、生活に少し余裕のある人向けのレストランが中心で、居酒屋等は数が限られている。

地中海から生まれた美食を提供するイタリアンのLa Bottega di Lucaとか、同じくイタリアンのATTICOとか、チャオプラヤ川沿いにあるThe Summer House Projectとか、いくつか行ってみたい店もにつかったので、うまくタイミングが合えば足を運んでみたい。

そして私も以前お世話になった、サミティヴェート病院とバムルンラード病院の記事も掲載されていて、サミティヴェート病院は女性向けの大腸カメラや胃カメラの検査を、バムルンラード病院は出産パッケージをアピールしている。

ちなみにバムルンラードの出産パッケージに申し込むと、普通分娩が8万3900バーツで、他に無痛分娩や帝王切開もあり、そしてここで出産した場合、自動的にバムルンラード・ベビークラブというものに入会することになって、子どもが12歳になるまでは外来の薬代や、入院の部屋代・薬代が10%割引になるらしい。

子どもはただでさえ頻繁に体調を崩すし、病院にとっては確保しておきたい顧客と思われる。

出産というイベントを迎えて、なおかつ10%も割引を受けられるのであれば、バムルンラード病院に行こうと思う人が多いだろうから、顧客の囲い込みという意味でもこのベビークラブは有効なのではないかと思う。

ちなみにサミティヴェート病院もバムルンラード病院も、日本語の通訳の人がいるのでタイ語や英語ができなくても安心して治療してもらえるし、診察も困らずに済む。

他にもゴキブリやアリの駆除の会社があったり、浮気や素行調査等の探偵業の広告が載っていたりとか、日本人向けのものだけでも相当多種多様なビジネスが成り立っているのが分かる。

プロゴルファーが教えるゴルフの練習場であるレディースゴルフスタジオSallyとか、空手や太極拳とか、出張水泳教室とか、サッカーキャンプとか、下手に日本の地方にいるよりも、むしろ多くのサービスを日本語で受けられるのではないかという気さえしてくる。

ちなみにバンコクマダムはフリーペーパーの中でも珍しく、紙面の中ではっきりと広告の費用を掲載している。

50mm×40mmの広告なら、月々2000バーツからだせるようだし、単発で60mm×68mmの広告だと3000バーツらしい。

考えてみると、問い合わせ先は載っていても具体的な金額まではっきり提示しているところはフリーペーパーのなかでもめずらしいので、これは少々意外なところだった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ