フィリピンに語学留学をするのはムダ?




数ヶ月や1年単位でフィリピンに語学留学に来る人がいる。

たしかにアジアトップと言われる英語力を誇り、
安価で英語を学べる国として人気があるのは分かる。

マニラに住むようになって、
明らかにマレーシアよりも英語が通じるのも実感している。



日本人だけではなく、中国人や韓国人もフィリピンに
子供を送り込んで語学留学をさせる傾向にあるという。

ただ、これが的を射ているのかどうかはあやしい。


もし10年前なら妥当な選択だったのかもしれないが、
今の時代はスカイプで英会話を学べる。

わざわざ現地にやってきたところで、
自動的に現地の人とコミュニケーションを取る機会が
1日中訪れるわけでもないのだし、
日本にいながらにして学んだほうが合理的に感じる。



私が海外生活をしながらも語学力が大きく伸びないのは、
特に使う必要がないから。

勉強もしない。

どうしても話せないと困る場面はほとんどないし、
日常生活の中で使う単語なんて限られている。

現地で仕事をするわけでなければ、
レストランの注文さえできればいいぐらいだし、
仮に自炊するならそれすら不要になる。



実際に海外まで行って語学留学をしたところで、
大して英語を話す機会もなかったという話はよく聞く。

フィリピンで語学学校に通うぐらいなら、
スカイプ英会話を使えば十分に代替できる。

ほとんどはフィリピン人が講師をやっているわけなので、
質の面でも変わらない。


しかも目の前に人がいると、
表情やジェスチャーである程度意味が読み取れるために
純粋に言葉でのやり取りができなくても
あるていど意思疎通ができてしまう。

それよりは視覚情報を遮断して、
口と耳だけに神経を集中させたほうが
語学力の向上の面では役に立つはず。



そもそも英語を話せるようになること自体、
目的が明確になっていなければ
大したスキルにはならないと思う。

それに加えて、
フィリピンに留学することが生み出す語学力の向上が
日本にいながら行える方法と比べて
著しく効果があるのかも疑わしい。

外国まで行けば、なんとなく何かが変わりそうな気はするが、
そんなものは幻想というのが
実際に海外生活を送ってみて感じるところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ