フィリピンのコンドミニアムの窓が・・・


フィリピン・マニラで
賃貸のコンドミニアムを見て回っていた時のこと。

窓がホテルのようにほとんど開かず、
換気が満足にできない部屋が多かった。

10センチぐらいしか開かず、
これでは空気の入れ替えもできないだろうと。

ひどい部屋だと、
そんな窓が1つあるだけというケースも。




私は職場というものがないので、
自宅で仕事をすることも多い。

そのため、主婦並みの時間を自宅で過ごす。

その部屋がまともに空気の入れ替えもできないのでは
精神的に参ってしまう。



そんなわけで、
窓がしっかり開けられるコンドミニアムを選んだ。

特に望んだわけではないが、
バルコニーも付いているのでドアも開く。

換気には申し分のない環境。



以前から部屋を借りるときの基準として、
窓から遠くが見渡せることを条件にしていた。

賃貸のコンドミニアムを見て回る時も、
必ずここはチェックする。

隣のビルが目の前に立っているようなことはなくても、
数十メートルしか見通せないところも良くない。


仕事柄パソコンの画面を見ている事が多いので、
やはり遠くの景色が見える部屋の方が気分転換になるため。

そんなわけで、
今のコンドミニアムはしっかり窓も開くし、
マカティからモール・オブ・アジアの観覧車や
マニラ湾まで見通せる部屋にした。


1年間の賃貸契約なので、
近くに予想外の高層ビルが建てられて眺望が損なわれるとか、
そういうことがあるとしても契約が終わっているので
気楽なのも賃貸の大きなメリット。

不動産は投資用だけでいい。


セブの場合は?

マカティの部屋を引き払ってから、
しばらく各国を転々とした後でセブに住んだ。

その時の印象としては、
マニラよりはセブの方が窓が開く物件が多かった。

もちろん私が選んだコンドミニアムは
しっかり窓が開く物件。

家賃はセブの方がやや安かったが、
マカティよりも広い部屋に住めた上、
複数の窓があって換気がしやすくなった。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ